カメラのコツをプロに習うと、写真はどのくらい変わるのか?

写真が暗い、被写体がなんとなくぼやけている…。

カメラで撮影した時にそんな悩みはありませんか?

プロから写真の撮り方のコツを教えてもらうだけで、ぐんと上達します。

私の写真をご覧ください。

スポンサーリンク
レスポンシブ

プロから習うカメラ教室

私が「愛犬と参加するカメラクラス」に通い始めて4回目になります。

他の生徒さんはみんな一眼レフですが、私だけ夫からもらった古いミラーレス(SONY NEX-3)なので、やっぱりカメラほしいなーと思いながら通っています。

IMG_0661

今までAUTOでしか撮影したことがなかった私。

有料講座のため詳細は書けませんが、プロの先生に教えてもらうとこんなに変わります。

※ブログ用なので画素数を落としています。

DSC06355

▲AUTOで撮影

DSC06358

▲先生に指摘されてホワイトバランスを調整

この日は雨降りだったので室内も暗かったのですが、写真の色をコントロールするホワイトバランスを合わせただけでこんなに色が変わりました。

蛍光灯、電球、くもり、太陽光…、どれが最適か慣れればすぐにわかるようになるそうですが、私はまだよくわからないので、回数を重ねて覚えていかないといけません。

DSC06405

露出とISO感度も学びました。

窓のそばなので、光の向き(順光、逆光、斜光)に気を付けて撮影しました。

DSC06410

私の腕はまだまだですが、カメラ教室に通ってからの一番の進化は、つつじが待てるようになったことです。外でも待てができるので、写真が撮りやすくなりました。

Mam先生の教室では、カメラの技術だけでなく、愛犬に必要なコマンドも教えてもらえるので、わんこ好きな生徒さんが遠くから習いに来ています。

犬が大好きな先生なので、かわいく撮影できるコツがたくさん!

わんこカタログ雑誌の表紙を飾っているワンちゃんも来てるんですよ。

DSC06481

近づいて撮影はいつもぼけてしまうことが多いのですが、今日はきれいに撮れました。

やっぱりカメラの微調整って大切ですね。

DSC06538

DSC06547

同じ部屋なのに全然違った写真になりますね。

今までミラーレスではうまく撮れないとカメラのせいにしていましたが、カメラ調整のコツやアングルを教えてもらうだけで、いい写真が撮れるようになりました。

可愛いペットの写真はもちろんですが、毎日成長している赤ちゃんや子供の姿は、シャッターチャンスを逃さずうまく撮影できるように、一度プロの方からアドバイスを受けるのはおすすめです。

自分に合った先生を探す

私が通っているMam先生の教室は、横浜元町にあるレストラン「ヒルサイドテラス」で行われています。写真を撮った後は、ランチをいただきながら先生と反省会。

写真の話だけでなく、先生に犬のことで相談したり、他の生徒さんとも話で盛り上がったりとても楽しいです。

私が通っている教室はこちら
dog photo*愛犬と参加するカメラクラス*

近くに良い先生を見つけることができたのでラッキーでしたが、先生との相性や好みもあるので、まずは無料で体験できるところに参加してみるのがいいですね。

1回でもコツを聞くだけで、カメラの腕が上達すると思いますよ。

例えば、お料理サイト クックパッドの習い事サービス『サイタ』の初心者大歓迎のカメラ教室 では、90分のお試し無料教室で、カメラレンタル(特別料金)もあるそうなので、カメラを購入検討している方にはいいですね。

カメラは高価なものなので、プロに教わって撮影を楽しみながらカメラ選びを行うと、失敗がなくて一石二鳥かも♪

▶ カメラ教室(写真教室)・講座を都道府県一覧から探す

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。