コーンスターチから揚げ

今日のヨカッタは コーンスターチから揚げ です。

今日は長男の体育祭、 心配されたお天気も、最後まで持ってくれたのでヨカッタです。中学校最後の体育祭は、徒競争にクラス対抗リレー、部活対抗リレー、大縄跳びに参加して一生懸命頑張っていました。
中学生男子のリレーは迫力がありますね。みんな本気で走っているので、すごい気迫!!
陸上部がダントツ早かったのですが、バトンを落としてしまいバスケ部が1位。息子のサッカー部は4位でした。

そして、3年生の団体競技の大縄跳びですが、息子のクラスが優勝しました。朝練の成果があったようです。大縄跳びって、足の上げ方がそろっていないとひっかかってしまうし、男子女子で背の高さも全然違うので、難しそうですね。縄を回す子は、体が大きくてクラス一番の力持ち君。体を使って大きく回しているので、見ているだけでも腰が痛くなってきそうです。メインの男子が「いくぞー!」と声をかけると、みんなが「おぉぉー!!」と飛び始めます。団結力があるのは見てわかったので、結果もついてきましたね。
長男は、塾の前にクラスの打ち上げに行ってます。
残り少ない中学生活、受験勉強は大変ですが楽しんでほしいものです。

そうそう、肝心のヨカッタ話・・・
体育祭のお弁当に唐揚げを作りましたが、しっかり前日の夜から味付けをしたものの、朝の揚げる時になって「かたくり粉」も「小麦粉」も切らしていることに気が付く始末。家にある粉といえば、強力粉・コーンスターチくらい。コーンスターチはコーンの片栗粉じゃない?というこで恐る恐る揚げてみるとサクッと仕上がりました。新たなる発見!!

意外にも美味しくできたので、コーンスターチのから揚げってありじゃない!と後から調べたところ、NHKのあさイチスゴ技Qというコーナーで「鶏のから揚げをおいしく作るコツ!」の特集にコーンスターチが紹介されていたようです。「からあげグランプリ」4年連続・金賞受賞店の「もり山」さんは、油切れが良いので片栗粉にコーンスターチを混ぜているのだそうですよ。

もり山流のから揚げの作り方<材料・4人分>

・鶏もも肉・・・500グラム
(A)
・塩・・・小さじ1
・黒こしょう・・・少々
・一味とうがらし・・・少々
・ゴマ油・・・小さじ2分の1

(B)
・すりおろしニンニク・・・大さじ1
・すろおろしショウガ・・・小さじ1
・すりおろしリンゴ・・・小さじ1
・酒・・・大さじ2
・100%パイナップルジュース・・・小さじ1
・砂糖・・・少々

・かたくり粉・・・適量(かたくり粉8:コーンスターチ2の割合で混ぜる)
・コーンスターチ・・・適量(かたくり粉8:コーンスターチ2の割合で混ぜる)
・揚げ油・・・適量

1.鶏肉を一口大に切り、Aの材料を加えもみこみ、冷蔵庫で4時間寝かせます。
2.Bの材料を混ぜ合わせ、(1)の鶏肉にもみこみ、冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。
3.かたくり粉とコーンスターチを混ぜ合わせたものを、(2)の鶏肉にまぶします。
4.180度に熱した油で、(3)の鶏肉を5~6分揚げます。
5.揚げている途中、(4)の鶏肉をハシなどで持ち上げ、空気に触れさせます。
6.鶏肉の泡が小さくなって、浮いてきたら完成です。

パリッと揚げるポイントは2つです。
1.ころもになる“かたくり粉”に“コーンスターチ”を2割混ぜる。
2.余分な粉は落とす。
その際、肉の水分をふき取るなど注意してください。

<注意点>
1.かたくり粉とコーンスターチをむらがないように混ぜる。
2.下味後、水分を拭きとる。
3.油の温度は180度。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルユニット広告
スポンサーリンク
レスポンシブ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です