イースターエッグの簡単な作り方とエッグハントなど、自宅でイースターを楽しむ方法♪

今年から始まったディズニーシーのイースターイベント「ファッショナブル・イースター」は、ミニーちゃんのファッションショー仕立てのショーになっているそうですね。見に行きたいなぁ~

晩秋のハロウィンのように、イースターも初春の季節恒例イベントとして定着しそうですね。

次男がお世話になっている英語教室でも、イースターイベントがありました。

毎年、先生のご自宅で行うのですが、子供たちだけでなく親も楽しませていただいてます(*^_^*)

自宅で「イースターをお祝いする」といっても、何をやったらよいのかわかりませんので、ハロウィンやイースターなど季節のイベントを教えていだけるのは、本当にありがたいです。

スポンサーリンク
レスポンシブ

イースターはいつ?

DSC04310

イースターはキリストの復活をお祝いするお祭りです。

お祭りの日には決まりがあって、毎年変わるようですが、難しくてわかりにい。

でも、イースターのカレンダーをみればすぐにわかりますよ。

イースターカレンダー

2015年は4月5日でした。

3月の下旬から4月の上旬が多いので、春先の暖かくなってきた時期、子供たちが集まるイベントにはピッタリですね。

イースターエッグの作り方

先生のお宅では、毎年イースターエッグを作ります。

作り方は、とっても簡単。

①ゆでたまごに、マジックやクレヨンで絵を描きます。

②食紅水に入れて色をつけます。
この時にたまご半分だけ色をつけたり、シールを貼っておいて乾いたらはがしてマーブル模様にするのも可愛いです。

DSC04315

③お皿にキッチンペーパーなどを敷いて乾かします。

それぞれ個性があって可愛いですね。

息子はなぜか「河童」でしたが(^_^;)

IMG_4415.JPG

ゆでたまごで作ったイースターエッグは保存が効きません。

生卵の中身を取り出して作る方法もあるようですが、作業中に殻が割れる可能性があるので、力加減がかなり難しそう。

子どもが作るなら、「ゆでたまご」のほうがが簡単で手軽に作れていいですね。

食紅で染めているので、もちろんおいしくいただけます♪

自宅でイースターエッグハントの楽しみ方

小さなお菓子を入れたカプセルのたまごをたくさんお庭に隠して、それを子供たちが探して拾います。

DSC04312

先生のお宅には、カラフルなプラスチックのたまごがたくさんあります。

最近は、柄付きやウサギの形をしたエッグケースもあるようですが、わざわざ買わなくてもガチャガチャのプラスチックボールでも代用できますね。

DSC04313

お庭に隠してあるたまごを一斉に子供たちが拾って、持ってきたバスケットの中に入れていきます。

息子は13個拾ってトップでしたが、2個しか拾えない女の子もいるので、みんなでシェアして同じ数だけお土産にいただいてきました。

拾う楽しみ、たまごを開ける楽しみ、お菓子を食べる楽しみ♪

たくさんのよかったがつまってますね。

先生、いつも楽しいイベントをありがとうございます(*^_^*)

**イースターエッグプラスチックケース**

アマゾンが一番安いですね。
72個入りで2400円です。

かわいい顔のイラストが描かれたエッグケース

ウサギの形のエッグケースも可愛い!

HAPPY EASTER!!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。