GIFTEX(ギフテックス)2015 雑貨EXPOに行ってきました

IMG_5643

昨日から東京ビッグサイトの国際展示場で開催されているGIFTEXに行ってきました。

2015年7月8日(水)~10日(金)10:00~18:00(最終日は17:00)

GIFTEXは、世界30カ国から、文具・紙製品展、雑貨EXPO、ヘルス&ビューティEXPO ファッション雑貨EXPO、ベビー&キッズEXPO、テーブルウエアEXPO、キッチンウエアEXPO、DESIGN TOKYO の関連8展で合わせて1470社が出展し、今年は過去最大規模だそうです。

商談のための展示会と言うことで、基本的に内部の撮影はNG。

写真で紹介できないのが残念です。

来場対象者は、雑貨店・インテリアショップ・セレクトショップ・百貨店・量販店・卸・輸出入商などカテゴリ分けで受付し、色別の入場者バッジ(Viditor Badge)をもらいます。

IMG_5645

私は叔母の変わりに、小売業の「雑貨店」の業種から申込みをしていきました。

料金は無料ですが、ネットから予め申込みをして、招待券をプリントアウトして名刺と一緒に持っていきます。

名刺は提出用と入場者バッチに付ける用と2枚必要です。

私のような個人でも、お店の名刺があれば入場することができました。

ギフテックスは、来場者と出店者が新製品の仕入れや新規取引先の開拓、価格・納期の交渉、PB・OEM※商談などをするための展示会なので、出店社や製品を予めチェックしてアポイントをとって出かけたほうがよいそうです。

出店・商品検索・入場招待券申込みなどはこちら

第10回国際雑貨EXPO

私は今回初めての経験だったので、EXPOではどんな出店があるのかチェックしたり、海外の珍しいグッズなどを見つけたりできたらいいなぁと思って出かけたので、特に予約はしていきませんでした。

あまりに広すぎて流すだけで精いっぱい(>_<)

プロのバイヤーの方々が商談をしているのを横目に、とりあえず一通りブースの前を通ってきました。

テーブルウエアや雑貨は見ているだけでも楽しかったのですが、大好きな文房具ブースではテンションがマックスに。

なるほど!こういうところで目をつけたものが、市場に出回りヒット商品になるわけですね。

海外の商品も素敵なものがたくさんあったのですが、私は提灯のライトやサンダル感覚で履ける下駄、たわしやお弁当箱など、日本の商品に改めて良さを感じました。

出店先で販売されていた風呂敷を1枚買ってきましたよ。

スポンサーリンク
レスポンシブ

ユニバーサル風呂敷

IMG_5662

結ばずに通すだけで包む事ができるふろしきです。

京都彩工房ユニバーサル風呂敷

手先が不自由な方や、”布を結んで包む”という文化になじみの少ない海外の方でも簡単に包める、ユニバーサルデザインを考慮している風呂敷です。

練馬区の中学校で、体操服などをまとめる道具としても使われているそうですよ。

使用の様子はこちら⇒ 富士見中学高等学校

IMG_5668

気にいって、買ってすぐに荷物を入れて帰ってきたので、若干しわがあります。

四隅に切り込みがあって、風呂敷対角2方を持ち上げて、残りの対角2方の切り込みを通して重ねます。持ち上げておいた対角2方が持ち手になります。

furoshiki

説明画像:京都彩工房

バックにひとつ入れておけば、食事の際のひざかけにもなりますし、切り込みがあるから、三角に折って小さいお子さんのスタイにしてもいいかも。

手が不自由な方やお年寄り、外国の方でも結ばずに簡単に使えるというのがいいですよね。

こういう日本の便利で素晴らしいものを、世界の人にもっと伝えるようなお仕事をしたいなぁ(*^_^*)

IMG_5667

和風な叔母の雑貨店には、ピッタリな商品かなと。

次回の展示会では仕入れもできるように、もっと勉強していきたいと思います。

OEM(相手先ブランド製造)とは、発注元企業の名義やブランド名で販売される製品を 製造すること。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。