【日比谷花壇 お花のフレッシュ便】ガーベラを長持ちさせるコツは少ないお水

DSC01902

日比谷花壇お花のフレッシュ便のモニターをしています。

深紅のバラに続いて、第2弾はピンクのガーベラ10本でした。

前回と全くイメージが違いますね。

DSC01900 DSC01901

届いた時の様子は、前回と同じです。

ガーベラの茎はバクテリアに非常に弱いので、お水は少なめが基本だそうです。

だからかな、バラの時よりも気持ちお水が少なかった気が・・・。

花びら保護キャップが付いたまま届いたので、そっとはずしてあげました。

IMG_5521

お花のフレッシュ便についてくる「Flower Letter」には、お花を長持ちさせるコツだけではなく、キャップのはずし方まで書いてあるんですよ。

お花についても詳しくなりますね。

スポンサーリンク
レスポンシブ

ガーベラアレンジメント

届いてすぐは長いまま花瓶へ。

お水は、ガーベラの茎が5センチ程度つかっていればいいそうです。

知らなかったわ。

たっぷり入れてしまうところでした。

DSC01905

同じピンクでも濃淡があるので、グラデーションがあって、ガーベラだけでも充分きれいですね。

DSC01919

ガーベラだけだと首が垂れ下がってしまうかなと思い、週の半ばに支えとして白いお花を添えてみました。

白を入れることで、ピンクがより一層引き立ちますね。

DSC01911

ガーベラって首がくたっと垂れ下がってきてしまうのですが、このお花達はとっても元気!

水切りをしなくても、しばらく長いまま楽しめました。

DSC01914

花びらが少し反り始めてきたので、水切りをして短くカット。

毎日お水を換えても、茎がヌルヌルになるので、やはり雑菌に弱いのでしょうね。

hibiya5

我が家は日当たりがとてもよすぎるので、涼しいところへ移動。

1週間後、

だんだん短くなってきたので、最後はラウンド型へ。

IMG_0555

ガーベラは短くすると、尚更かわいいですね。

茎が動きにくいように、ジュエルポリマーパール(高吸水性樹脂)を入れてから、お水を入れました。

今日も型にとらわれず、自由に楽しく活けてます♪(動画約50秒)

お花のフレッシュ便の価格設定は2種類あります。

前回のバラは、税込みで2,980円(本体価格:2,760円)でしたが、今回のガーベラは、税込みで2,180円(本体価格:2,019円)です。

茎が太くて花びらもしっかり、これだけ品質が良いのに1本当たり200円なのは、生花市場直送ならではのプライスなのでは。

2,000円なら、ちょっとしたサプライズギフトに贈ったり、ご自宅で教室やサロンを開いている方に教えてあげたら喜ばれるのではないでしょうか。

7月、8月に届くお花はこちらです。

icon
icon
お花のフレッシュ便 ひまわり13本

税込み:2,980円(本体価格:2,760円)
icon

icon
icon
お花のフレッシュ便 スプレーバラ

税込み:2,180円(本体価格:2,019円)

どっちが届いても嬉しいなぁ(*^_^*)
icon

日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です