JANE PACKER(ジェーン・パッカー)2016クリスマスコレクション

「JANE PACKER(ジェーン・パッカー)」のクリスマスアレンジメントが、日比谷花壇オンラインに登場しました。

毎年紹介されていますが、リピーターのお客様が多い商品のため、ほかのお花と比べて高額でも売り切れになってしまうことも多いのだそうです。

2016年のJANE PACKERの作品は「HOLIDAY GAME」。黒とゴールド遣いの洗練されたアレンジの中に、遊び心が隠されていてとても素敵でしたよ。

スポンサーリンク
レスポンシブ

JANE PACKERとはどんなブランド?

英国の小さなフラワーショップから始まったジェーン・パッカーは、今や世界中に展開されるフラワーブランドです。2011年に亡くなった後も、「JANE PACKER」ブランドとしての人気が確立されています。

2012年のロンドンオリンピックで、ヴィクトリアブーケを作ったことで話題になりました。

マリオットやNYのリッツカールトンなどのホテルだけでなく、グッチ、DKNY、ラルフローレンなどのフラワーコンサルタントも行っているそうです。

「HOLIDAY GAME」

2016年のテーマは「家族や仲間と楽しく過ごす時間」ということで、アレンジの中にトランプやチェスの駒、サイコロなどが隠れている楽しいデザインとなっています。

プリザーブドアレンジメント「ハートのA」

img_7939

真っ赤なバラと白いカーネーション、アジサイのプリザーブドフラワーが印象的なアレンジメント。「ハートのA」という名前の通り、トランプのカードが隠れています。

白いリボンにはJANE PACKERの文字がデザイン。

img_7945

ハートのAとハートのクイーンの本物のカードがアレンジメンに入っています。

トランプ大統領にかけたわけではないと思いますが、話題になること間違いなしですね。

JANE PACKER プリザーブドアレンジメント「ハートのA」
icon

アーティフィシャルリース「キングオブゲーム」

img_7923

直径約45㎝の大き目なリースは、シックな黒のリボン。

日比谷花壇の担当さん曰く、ジェーン・パッカーの作品は、黒とゴールドの色遣いがとてもうまいのだそうです。

確かに、お花に黒を合わせることはほとんどないと思いますが、大人の洗練された上品さが伝わってくるようなゴージャスなリースです。

img_7925

キングオブゲーム」にはチェスの駒が隠れています。

近寄ってもアーティフィシャルフラワーとは、全く気づきませんでした。

JANE PACKER アーティフィシャルリース「キングオブゲーム」
icon

アーティフィシャルツリー「ダイスツリー」

dsc07754

高さは約45㎝の飾りやすいツリーには、お花ではなく羽根が飾られています。

img_7943

よく見るとゴールドの小さなダイスが飾ってあり、JANE PACKERの文字がデザインされた黒いリボンがまかれています。

JANE PACKER アーティフィシャルツリー「ダイスツリー」
icon

初のJANE PACKERメッセージカードが登場

dsc07710

今までほかのカードを付けていましたが、せっかくなのでJANE PACKERブランドのカードを……ということで、今年から専用のメッセージカードができました。

2016年11月18日に発売開始された専用のメッセージカードは、オプション(+378円)で付けることが可能です。

ジェーン・パッカーブランドのアレンジメントフラワーは、日比谷花壇のオンラインショップにて購入することが可能です。

日比谷花壇「JANE PACKER」はこちら
icon

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です