日経平均株価の乱高下と過去の推移、郵政グループの同時上場は11/4

北関東の大雨を受けての被害は本当にひどいですね。

まさか近所の川があんなことになるなんて、想像していた方はほとんどいないのではないでしょうか。

我が家も少し離れたところに川がありますが、水位が増していてもまさか浸水するだろうなんて心配したことはありませんでしたので、川をなめてはいけませんね。

相場も台風並みのジェットコースター(↑↓)相場が続いています。

株を持っている方は、毎日の利益が大幅に上下して、気になる方も多いはず。

日経平均先物は、3.6.9.12月ごとにSQ日が設けられ、そこで清算されます。

SQは第2金曜日なので本日です。

今週は、投資家が自分のポジションに有利なところで清算したり、ロールオーバー(乗り換え)をしているので、その週は上下に大きく大きくふれやすいのですね。

しかし、日経平均先物の動きが、1000円高の翌日に600円安とかすごい!

リーマンショックを思わせるような動きでした。

そして今日は9月11日、14年前にアメリカ同時多発テロが起きた日です。

まるで映画をみているような信じられない映像に驚きましたが、当時の日経平均株価は682円安の9610円と1万円を割り込みました。

その後、2002年5月に12000円まで上昇、2003年4月7607まで下落。

私が株を始めたのがその頃で、春にソニーショックがあり下げたところで、初めてヤフーの株を買いました。

そこで一旦底を打ち、2007年7月に18261まで上がった直後、8月にサブプライムローン、9月にリーマンショックという大きな下落。

2009年3月に7054円で底打ち、そして2015年高値が6/24の20868円です。

私は大底からはじめて、2007年の初旬に家を買ったため、株から現金に換えていたので本当に運がよかっただけです。

上昇と下落ににはサイクルがあるので、私は今年の高値で一旦天井を迎えたと思っています(個人的にです)。

ただ、今年は日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の郵政グループが、11/4に上場すると決定したので、本日のSQで落ち着けば戻していくだろうなと考えています。

売りだし想定価格は、日本郵政が1350円、ゆうちょ銀行が1400円、かんぽ生命保険が2150円、いずれも変える単位が100株なので、ゆうちょ銀行で14万円くらいと買いやすい価格帯ではありますね。

あくまでも売り出し予定価格なので、公募にあたればの話ですが・・・。

正式な売り出し価格は、ゆうちょ銀行とかんぽ生命が10/19、日本郵政が10/26に決まるそうなので、我が家も応募する予定。

楽しみですね(*^_^*)

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
グーグルユニット広告
スポンサーリンク
レスポンシブ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。