魔法瓶で簡単栗の下ごしらえ!?

今日のヨカッタは「栗の下ごしらえの知恵」です。

実家から秋の味覚がたくさん届きました。
栗、黒豆の枝豆、里芋、なし、ぶどう・・・それにコマツナ、キャベツ。
野菜はすべて母の手作りなので、形はイマイチですが味が濃くてとてもおいしいのです。
怖いのがたまに栗から虫が出てくること。無農薬の証拠なので仕方ないけど、今年は一匹もいなくてよかったです。

昨日は、大量の栗は下ゆでして、ひたすら皮をむいていました。栗むきって地道な作業ですよね。剥いているそばから、パクパクとつまむ息子達。いつになっても終わりません。毎年、これを買おうか悩みますが、年に数回しか使わないし・・・と思うといつも買えないんですよね。今年も結局ぺティナイフで剥いてしまいました。
栗の皮むきハサミ『栗くり坊主2』 【栗むき】【栗剥き】

今朝、息子が「テレビで栗むきの裏ワザやているよ!」と教えてくれました。
その内容は「圧力なべを使うと簡単に渋皮もむける」という方法

  1. ゆでる前に、栗の頭の柔らかい部分に切り込みを少し入れる
  2. 圧力なべで、圧がかかってから15秒で火を止める
    (※ゆで栗の場合は2~3分)
  3. 圧力なべがない場合は、魔法瓶に熱湯と栗を入れ、2時間おく

魔法瓶はいい考えですね。確かに下ゆでにはピッタリな気がします。
コンビニの剥いた甘栗でもできますか?との質問に、甘栗を使うときは、小さく切ったさつまいもを一緒に炊くといいですとのことでした。コンビニの甘栗は甘すぎないかしら??


我が家流簡単栗ごはん

< レシピ > 3合分
栗 15~20個くらい
油揚げ 1枚
米 2合
もち米 1合
酒 大2
醤油 大1
水 酒と合わせて3合分
塩 小さじ1と1/2

1.栗の下処理
2.米、もち米はといで30分浸水
3.油揚げは細かく刻む
4.材料を入れて炊飯器で炊く
5.好みでゴマ塩をかける

栗ご飯に油揚げを入れる方法は、テレビか雑誌で有名料理研究家が紹介されていた気がします。誰かは忘れてしまいましたが、我が家はおあげさんを入れたほうがみんな好きです。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルユニット広告
スポンサーリンク
レスポンシブ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です