英国EU離脱不安で大幅安!ジュニアNISAで初注文第一弾

日銀緩和見送り&米国のFOMCの結果を受け、昨晩の日経平均先物は15220まで売りこまれましたが、私が考えていた水準に届いたので、第一弾の現物株買いを入れました。

息子たちのジュニアNISAも初出動!

ジュニアNISAは口座を作ったままで眠っていましたが、本日80万枠の半分だけ使いました。

ジュニアNISA と学資保険のメリット・デメリット 教育資金をためるならどっち?
NISAの日(2.13)に息子たち名義の松井証券口座で、ジュニアNISAを申し込みました。 配当や値上がり益への税金20%がゼ...

もちろんまだ下げる可能性も大ですが、手放していた優待銘柄や配当狙いの銘柄など納得できるものだけを買いです。考えてみれば、昨年の6月に利益確定をし始めたので、丸1年待っての買戻しだわ。

かんぽ生命(7181)は上場来安値ですし、ゆうちょ銀行(7182)のPBRは0.39倍とバリュー価格になりました。

株はあくまで需給なので、先行き不透明の時には投げ売りされますが、現物なら配当と株主優待狙で拾いたいと思っています。

ジュニアNISA口座に入れた資金は、18歳の12月31日まで出金できませんが、うちの長男1月1日生まれなんですよね…。1日違いで1年も出せないことに今更気づきました(^^;アラ

スポンサーリンク
レスポンシブ

急激な円高でドル円100円割れ懸念も

nikkei
(画像元:日経新聞

今朝のニュースでは、EU離脱でドル円が100円突破するといっていました。次の水準は2014年にもみ合った101円~102円台だそうですが、FXはやらないため為替は全く分かりません。

100円割れたら海外旅行に行きたいし、長男は海外の大学に行きたいなんて話もチラホラあるので、ある意味嬉しいけど。

PER13倍割れはバリエーションサポート水準

nikkei2

(モーニングサテライト)

今年の2月もそうですが、株価がこの世の終わりという株安が続くときに、予想PER13倍割れになるそうです。コノヨノオワリ…(^^;

解説者のモルガンスタンレー証券の藤戸さんは、ファンドマネージャーの経験からも、リスクはあるけれど返りリスクを冒すだけの価値はある局面に来ていると言ってました。

各自の参考指標は違いますが、参考になりますね。

しかし、去年日本株を高値で買い進んだ年金買い、かなりの打撃なはずですが、大丈夫なんでしょうかねぇ…。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。