朔旦冬至(さくたんとうじ)までに社名を考える

今年の冬至は12月22日、19年に一度しか訪れない「朔旦冬至(さくたんとうじ)」だと、朝の情報番組で林修先生が解説されていました。

冬至とは?という林先生の質問に、
「昼が一番短い日!」
とテレビに向かって次男が答えていましたが、「夜が一番長い日」でもありますね。

太陽が陽、月が陰とすると、冬至はこの日を境に春に向けて陽が長くなっていく日で、太陽が復活することを意味し、古代の中国では、「冬至の日を一年の始まり」、「太陽の復活の日」としておめでたい日とされてきました。

そして、朔とは、朔日。つまり太陰暦での新月の日です。
新月はこれから満月に向かって満ちていく、月の復活を意味します。

旧暦の11月1日が冬至になることを「朔旦冬至」というそうです。

※もっと詳しく知りたい方はこちら 19年に一度の朔旦冬至

太陽の復活と月の復活が重なる、19年に一度しか訪れないめでたい日、特別なことをスタートするにはよさそうな日だと思いませんか?

新たな資格試験の勉強を始めるとか、ダイエットを始めるとか、
お金を貯めようっていうのもいいですね。
年末で財布のひもが緩む時期ですので、難しいとは思うけど・・・

私はずっと考えてきた社名をこの日までに決めることにしました。

期限を決めないとズルズルズル・・・後伸ばしになってしまうので、よい機会かなと。

あと4日ね。・・・って、22日のチョコ食べたの誰よ(怒!

DSC03302

ランキングに参加しています。
ヨカッタと思ったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルユニット広告
スポンサーリンク
レスポンシブ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です