雑貨店オープン3日前、アンティークな店舗什器に小物を並べてお店らしくなりました

木曜日は叔母の開店前のお店の手伝いに行ってきました。

前日に問屋さんで選んだ商品をそっくりそのまま忘れてきたそうなので、支払いを済ませて届けてきたのですけどね。

もうすっかり受け付けの方に顔を覚えていただき「あれ、今日はどうしました?」といわれる始末。

仕入れ初心者ということを最初にきちんと伝えているので、何かと丁寧に教えていただけるので本当に助かります。

スポンサーリンク
レスポンシブ

雑貨店オープン3日前

叔母のお店をみるのは初めてでしたが、観光地のおみやげ屋さんを想像してたのでちょっとビックリ。

和のテイストでとても素敵なお店でした。

それもそのはず、前のオーナーは、陶芸の骨董品や布小物が好きで10年以上お店を続けていたそうですから、置いてある戸棚などの店舗什器は、とてもセンスの良いものでした。

もちろん高額な骨董品や家具は引き揚げたそうですが、残った商品や什器は、叔母がそっくり格安で買い取りましたので、お金をかけずにここまで素敵な内装が用意できたそうです。

キルト商品や委託販売の食器等も並べてあってそれなりの雰囲気でしたが、全然商品が片付いていませんでした。

うちの母と叔母は片付けができない人で、とにかくものを買いこんで捨てないので、実家はひどく汚いです。

だから実家に帰るといつもイライラしちゃう。

片付け方をみていると、こっちのものをそっちに動かすだけなので、いつまでたっても片付かないのです。

片付けられない人って皆さん同じなのかしら。

まずは荷物の袋をひとつずつ開けて、約4時間でなんとか片付けてきました。

IMG_5431

小学生もたくさん来るそうなので、ちょっとした子供むけの雑貨棚なのですが、☝これじゃあまりにもひどいでしょう。

そのままボンと置いてあるだけだったので、ポップをつけてかごに入れてみました。

ハートとかもうちょっとかわいいポップの紙がよかったけど…。

IMG_5443

在庫が10個あるものは全部置くのではなく、各種類3つくらいずつかごに入れたので、ずいぶんすっきりしたのでは。

この辺の小さな文具類は、私が選んできました。

我が家は女の子がいないので、「願いがかなうねりけし」とか、かわいらしい雑貨を初めて買う楽しさ♪

小学生の時に学校の前の文房具屋さんで、ねりけしをお小遣いで箱買いして先生に没収された覚えがあります。その頃のねりけしと比べると、ずいぶん可愛くなりましたね。あ~、懐かしいわ。

次男のお友達の女の子の文房具をみると、鉛筆(うちの学校はシャーペンが禁止)とは別に、カラーペンがパンパンに入ったペンケースをもっていましたが、女子は何かとお金がかかって大変ですね。

今度遊びに来てもらって、好みのものとか教えてもらおうっと。
御礼はジュースとケーキで(笑

IMG_5448

子供用の商品は、様子を見ながら増やしていくそうです。

奥の畳のテーブルの上には、叔母のお友達のハンドメイドグッズを並べました。

ハンドメイドといっても本格的な作品です。

叔母のお友達がお祝いを持って遊びに来て、みんなでワイワイ楽しそうでしたよ。

多分、お茶のみ場になること間違いなしです。

このお部屋にはちゃんと冷蔵庫やレンジ、コーヒーメーカーも装備してありますので(笑

せっかく素敵なスペースがあるんだから、少人数のワークショップでもやったらいいのにと提案しましたが、そこまでは考えていないみたい。

私のようにガツガツしていないので、のんびりとやるみたいです。

家賃が売り上げ3日分で払えれば、お店として続けられると聞いたことがあります。

叔母のお店のように、什器などがはじめから揃っていればよいですが、一からそろえるとなるとお金もかかりますし、雑貨だと売り上げも限られていますので厳しそうですね。

「ここまで条件がそろっていたから始める気になったのよ」

とは言ってましたが、その年齢で始めようと思った勇気に拍手です。

定年まで某化粧品メーカーでバリバリ働いていた叔母が、第2の人生をスタートさせる姿をみると少しでも応援したいので、今度のセミナーでは詳しく聞いて私も勉強してサポートするつもりです。

馬喰町の問屋さんまで仕入れに行くのに交通費もかかってしまうので、今度からはカタログで選ぶそうです。

ネットが使えたらもっと便利なんですけどね。

パソコンは無理!と決めつけていますので、次回行った時にでも教えてきましょうか。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。