「お洒落は我慢」しない、素足で履いても暖かなボアローファー

クロックスの新作「crocs lina lined loafer(クロックス リナ ラインド ローファー ウィメン)」を履いてお出かけしてみました。

この前はタイツでしたので、今回は素足にローファーのThe 石田純一さんスタイル!?

靴を選ぶ際に気になる点を重点的にチェックしてみました。

img_8137

crocs lina lined loafer

靴の詳細とタイツで履いた着画はこちら

2016年秋冬人気のフリンジタッセルがついたクロックスの本革モカシン
crocs lina lined loafer w (クロックス リナ ラインド ローファー ウィメン) 2016年秋冬は、少しレトロ...

冬に素足で寒くない?

crocs

少し肌寒い日でしたが、思い切って素足で外出してみましたよ。

お洒落は我慢」という言葉が頭をよぎりましたが、思ったほど寒くありませんでした。

インソールがボア素材のもこもこなので暖かく、逆に足の裏が汗ばんでしまう感じ。ソールは取り外して洗うことができないので、あまり素足では履かない方がいいかな。

かかとは痛くない?

crocs4

家で履いてみたときに、革が柔らかいのに対してかかとが深くてしっかりとしていたので、これは靴擦れしちゃうかな?とちょっと心配でした。

1時間くらい歩いてみたところ、左足のかかとが少し当たって痛くなりましたが、靴擦れするほどではありませんでした。

サイズの選び方、ワンサイズ上を選ぶべきか?

crocs3

私の足は25㎝のやや幅広なのでW9を選んでいます。

公式サイトの実寸の選び方では

(例)23~23.5cm(実寸)の場合

足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
  細身、普通   足の実寸サイズ   23cm(M5/W7)
  甲高、幅広   足の実寸 +1サイズ   24cm(M6/W8)
幅広の場合は実寸サイズよりもワンサイズ上がおすすめと書かれています。

私は左足の方が若干大きいため、左足だけ痛くなったということは、少し小さかったのかもしれませんが、靴擦れするほどではありませんし、W10だと大きすぎると思うので実寸W9でよかったです。

革製品なので履いているうちに、足になじんでゆるくなりそうな気もするしね。

歩いてみた感想、足は疲れない?

リナラインドローファーは、レベル2のダブルコンフォート
二重構造のクロスライト素材を使用しています。

ボアで隠れてみることができませんが、クッション性が高く、二重構造になっているので、ソールが衝撃を吸収してくれるのですね。

かかとのないペタンコなモカシンの口コミを読むと、足が疲れると書かれていることが多いのですが、そんな悩みもありませんでした。

気になるところは?

crocs1

気になるところはお手入れです。

靴をおろす前に、防水スプレーをかけておくと汚れの落ち方が違うと教えてもらい、実践してみましたが、ほかのクロックスの靴のように雨でもへっちゃら!というわけにはいかないのが本革のデメリットでしょうか。

あと、「ウォールナッツ」カラーは、光の当たり方によって色が違うので、イメージしにくいかもしれません。

淡いベージュのコートに合わせているため茶系に見えますが、よく見るとカーキ色に近いです。

色違いで「黒」もありますが、せっかくフリンジがついているので、レトロでボヘミアンなウォールナッツのほうが、個人的にはおすすめですよ。

リナラインドローファーは大きいサイズW10(26㎝)まであります。
詳細はこちら crocs lina lined loafer w

クロックス2017福袋は12/9販売開始

1万円のブーツ福袋にはブーツ、ヒールウエッジ、フラットの3足が必ず入っています。

入っているブーツ(lodgepoint synthetic suede boot w)ほしかったやつだけど、色が選べないので見送りです。

ブーツだけでも8980円(税別)なので、やっぱり福袋は安いですね。

12月9日(金)8時よりWEB限定先行販売開始なので、お早目に。

クロックス 公式オンラインショップ

※この記事は商品提供いただき執筆しています。(提供元:クロックス)

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ