敬老の日、重陽の節句、お月見など秋のイベントには日比谷花壇の花贈り

日比谷花壇の敬老の日フラワーギフトを見てきました。

今年の敬老の日は9月18日(月・祝)ですが、9月9日(土)は重陽の節句、10月4日(水)はお月見とイベントが続くので、秋の花贈りにぴったりなアレンジがたくさんありました。

人気の商品なども聞いてきたのでご紹介いたします。

※日比谷花壇で敬老の日にお花を贈る場合、注文最終締め切り日は9/15までとなります。

日比谷花壇

重陽の節句フラワーギフト

長命や繁栄を願う重陽(ちょうよう)の節句は、端午の節句(子供の日)などの五節句のひとつで、菊が美しい季節なので別名「菊の節句」とも呼ばれています。

菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべたお酒を飲んだりして「長寿祈願」をするため、菊の花の中でも丸くてかわいらしい「マム」が使われたアレンジメントが多くみられました。

重陽の節句と敬老の日を兼ねて早めに贈るなら、長く楽しめる鉢物やプリザーブドフラワーがおすすめです。

プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーを使った水やり不要の半永久的なアレンジメント

私が手に持っている手毬をモチーフにした「秋音」は、生花ではなくプリザーブド&アーティフィシャルアレンジメントなので、水やりの必要がなく半永久的に楽しめるアレンジメント。

秋音には、バラとマムのプリザーブドフラワーが使われています。

生花のうちに色素を抜いて特殊な染料を吸わせた加工花で、近くで見ても生花と間違えるほど見事です。

このまま飾っておけるので、重陽の節句と敬老の日を兼ねた贈り物にぴったりですね。
※敬老の日人気ランキング1位

長く楽しめる花鉢はリンドウを

icon
メルヘンアシロicon

秋の花の代表「リンドウ」も敬老の日の贈り物として喜ばれます。

リンドウの花言葉は「正義感、誠実、愛情」。

鉢物はすべて敬老の日に合わせて、一番美しい開花を楽しめるように育てられています。

iconicon
長寿を願って名前の付いたリンドウ「白寿」と銘菓のセットも人気。

お菓子は日本橋屋長兵衛の「天下鯛へい」、菓匠三全「萩の月」、なだ万「プリン詰め合わせ」より選べます。

お花とお菓子が両方ついているのに、お値段が5000円(税抜)と手ごろなのもいいですね。

敬老の日フラワーギフト

敬老の日は、おじいちゃんやおばあちゃんに日頃の感謝の気持ちと長寿を願ってお祝いする日。

最近ではお盆の帰省にお盆玉(お小遣い)をもらうお子さんも多いので、お返しとしてありがとうの気持ちを是非伝えたいもの。

自宅届けにすれば手持ちとしても使えます。

(福華招き裏側)

毎年、日比谷花壇敬老の日ギフトで人気があるという「福華招き」は、お花が枯れてしまったら招き猫だけ外して飾ることができるアレンジメント。

近年、このようなマルチカラーが流行っているそうで、明るいグラデーションは見ているだけでも元気になりますね。

そのまま飾れる花束(スタンディングブーケ)

「和」をモチーフにしながらも華やかなブーケ「花あそび」は、生花のアレンジメントですが、根元に特殊なゼリーのような液が入っているため、水やり不要でそのまま飾って楽しむことができます。

自立するので飾る場所も選びません。

今回の展示会のお土産として、同じシリーズの「お月様とうさぎ」をいただいたので、次男が新幹線で帰省する際、日比谷花壇好きな義母に持って行ってもらいました。

お盆前の一番暑い時期でしたが、枯れずに水漏れの心配もなく、無事に届けてもらえてよかったです。

うさぎのアレンジメントに驚いたようで、「かわいいわ」と大変喜んでもらえました。

老舗スイーツセット

虎屋のひと口羊羹5本入りセット

文明堂の特選三五カステラセット

選べるスイーツセット「天下鯛へい」

リンドウ「白寿」と同じで、日本橋屋長兵衛「天下鯛へい」、菓匠三全「萩の月」、なだ万「プリン詰め合わせ」より選べます。

有名ブランド雑貨セット

日本香堂のお香とセットになった大江戸香シリーズの中から、敬老の日にぴったりなのが「長寿菊花」。

菊の花びらをあしらったデザインの箱の中に、菊の香りのお香と香立てが入っているので、お花と一緒に香りも楽しめます。

また、鎌倉nugooの軽量折りたたみ傘とアレンジメントセットもあります。

淡い紫に麻の絵が描かれた折りたたみ傘は、重さが160gと軽量です。

アレンジメントにも秋のお花がたくさん入っています。

お月見気分の敬老の日ギフト

お月見気分のかわいらしいギフトも秋ならでは。

お月見は、主に十五夜(旧暦8月15日)と十三夜(旧暦9月13日)の夜に、お月様を眺めて楽しむ行事ですが、今年のお月見は10月4日(水)です。

満月に見立てたピンポンマムを使ったアレンジは、お月見にもぴったり。

敬老の日(9/15~9/18)のお届けの注文締め切りは9/15まで。

お月見(10/1~10/4)のお届けの場合は、10/1までとなります。

敬老の日に間に合わなかったという方は、お月見のアレンジを贈ってみてはいかがでしょうか?

敬老の日の花贈りのオプション付きはお早めに

日比谷花壇から届くお花には、高品質を約束する「品質保証」のクオリティカードと、より長くお花を楽しむための「お手入れのしおり」、「延命剤や固形肥料」がついてきます。

無料のメッセージカードだけでなく、画像付きのメッセージカードやお茶のオプションもつけられます。

敬老の日(9/18)までに贈れる最終注文日は9月15日までですが、オプションをつける場合の締め切りは9/3と早いのでご注意ください。

(画像:日比谷花壇公式サイト)

日比谷花壇の送料無料eクーポンがおすすめ

日比谷花壇の送料は全国648円かかりますが、新規会員登録をする際には「送料無料eクーポンプレゼントキャンペーン」より申し込むのがおすすめです。

私は公式サイトで直接登録してしまったので、送料がかかってしまい失敗しました。

初めての方はこちらからどうぞ!

日比谷花壇_敬老の日ギフト特集_2017年

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ