テカらず冷たくない100%シルクニットパジャマ【Lily Palette】

私の周りはファッション関係に詳しいお友達も多く、実際に使ってよかった商品を教えてもらうこともよくあります。

冷え取り生活をしている友達から教えてもらったLily Paletteの「100%シルクパジャマ」は、重さが上下合わせてわずか260g。コンパクトにまとまり、普段使いはもちろん旅行にもぴったりなパジャマです。

肌触りが滑らかだし、自宅で洗濯してもすぐに乾くので、毎日愛用しています。

100%シルクパジャマが好まれるわけ

シルク100%パジャマというと「ピカピカ」「ツルツル」で、サテンのようにヒンヤリした印象がありましたが、Lily Paletteのパジャマは一見シルクには見えません。

でも、袖を通してみるとシルク本来のどこかつるっとした感じは、綿とは全く異なるのがよくわかります。

シルクが肌に触れるとよい理由

厳選した糸で作られているため肌触りがとても滑らか。

シルクは蚕が作った繭からできた天然素材。人肌に最も近いタンパク質組成をもち、人間の皮膚に必要なアミノ酸が18種類も含まれていて、皮膚組織を活性化するといわれています。

肌に直接触れるパジャマだからこそ、「シルク」が好まれるわけですね。

収縮性がある天竺網み

1日うちの1/3、それも毎日身に着けるパジャマは、リラックスできるものが理想です。

  • 収縮性がよい
  • 体温調節しやすい
  • 肌触りがよい

私が条件をあげるならこの3点でしょうか。

Lily Paletteのシルクパジャマは、目付130g/㎡の「シルク天竺(網み)」で作られています。

昔のテカリのあるサテンシルクは、クリーニングに出さないといけないため、手入れの手間がかかりましたが、ニットシルクは伸び縮みするし、自宅で洗濯もできるため、洗濯回数の多いパジャマや下着に適しています。

自宅で洗えるシルクパジャマ

「手洗い」表示がついていますが、私はネットに入れて洗濯機で洗っています。特にへたった感じはしませんが、長持ちさせたいなら表示通り手洗いがおすすめです。

価格は税抜19,000円とパジャマにしてはかなり高価ですが、大手下着メーカーWのシルク天竺パジャマは3万円以上なので、お安い方なのかもしれませんね。

リラックスできるデザイン

縫製はしっかりしており、ゴムもきつすぎゆったりしています。

裾丈が前から後ろにかけて長くなっているため、お尻がかくれるデザインになっています。私はMサイズ。

サイズはM/Lの2種類。

  • M 身長154-162㎝、バスト79-87
  • L 身長154-162㎝、バスト89-94

Lサイズはバスト周りがゆったり。

M/L身長は同じなので、公式サイトの身長別着画を参考にしてみてください。

 シルク100% シルクニットパジャマ 【LilyPalette 】

カラーは杢(グレー)とピンクの2色から選べます。

夏は涼しく、冬はあたたかいシルクニットパジャマですが、ルームウエアのパンツとして使用するのもいいですよ。私はキャミソールと合わせて着ています。

トップス: halico くしゅくしゅレース カップ付きキャミソール

リラクシング&ワンマイルウエア【halico(ハリコ)】のレースキャミソール
国産レースが贅沢についたキャミソールをいただきました。 halico(ハリコ)のカタログの女性が身に着けているのと同じものです...

Lily Palette(リリーパレット)のパジャマは、インナー、ルームウエアのエルラガーデンで購入できます。

※この記事は商品提供いただき執筆しております(協力/エルラガーデン)

\WEB限定★M1000円&L1500円/
ピザハットオンライン
関連コンテンツ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ