MoMA 2015-16秋冬新作展示会 動くアートを楽しむ

moma8

MoMA STORE

表参道にあるMoMAデザインストア

2015-16年秋冬新作展示会で、素敵な作品をたくさんみせていただいたので紹介しますね。

販売開始時期は9月以降の予定です。

まずは、アート作品をふたつ。

今までの壁やお部屋に飾るアートとは全く異なります。

MATORIX LED SCREEN(マトリックスLEDスクリーン)

moma9

日本の見事な技で作られた、今までにないアートの楽しみ方ができるマトリックスLEDスクリーンのデジタルアート。

USBを使用し、自分で好きなデータを入れて、オリジナルのピクセルアートが楽しめます。

専用ソフトは今のところウインドウズのみで、MACはまだありません。

ひとつのます目ごとに、LEDライトが入っており、繊細な色を再現しています。

正面からと斜めからでは、表情が全然変わります。

素材は北海道産のシナ合板、越前の漆器の技法を使って一枚板をカーブして作られています。

moma9

こんなにきれいに木を曲げてしまうなんて、まさに日本の職人技ですね。

枠の部分も全て北海道産のシナ合板でできており、その上に和紙を貼った発光スクリーンなので、とても優しい光です。

速度は15段階調節できるので、ゆっくり動かしたり、早く動かしたりすると全く違いますよ。

動画で確認してみてください。(約1分)

MOMA15

MATORIX LED SCREEN
SRUDIO WAGNER,2014
EXCLUSIVE

MoMA限定
9月中旬頃発売予定(価格未定)

Framed Digital Art(フレームド デジタル アート)

moma11

壁に設置できる額入りのデジタルアート

インターネットに接続されたディスプレイによって、生活空間にバーチャルギャラリーを実現するために世界初のキャンバスになるように設計されたそうです。

Wi-fiに接続して、スマートフォンでコントロール可能なのが便利ですね。

フレームは胡桃製のハンドメイド。

moma14 moma13

リモコンで簡単に画が変わるので、その日の気分にあわせて時計だったり、モダンなアートにしたりと楽しそう。

生活の中でのアートの存在が変わりそうですね。

作品を観ていただくために少し長めの動画にしました(約2分)。

moma12

YUGO NAMAMURA
YOSHIHIRO SAITO,2014

販売価格開始時期 未定

▼キッチン用品などの実用品はこちら
https://yokattaweb.net/moma-3/

MoMA STORE

スポンサーリンク
レスポンシブ