兵庫の母の味「いかなごのくぎ煮」受賞者レシピと美味しく作るコツ

いかなごの釘煮が食べ終わってしまいました(涙

兵庫県に住んでいた時のお友達のMちゃんから、3月になると毎年「いかなごの釘煮」が届きます。
これが届くと「春が来たな」と思うほど楽しみにしています。

DSC04218

いかなごは春を告げるお魚で、3月初旬に兵庫県の限られた地域でしか採れないと聞きました。

もちろん私は関東生まれのため、「いかなごの釘煮」は引っ越した時に初めて知りましたが、いかなごのシーズンに散歩をしていると、甘じょっぱくてなんとも食欲をそそる香りが、街中に漂っていたのを今でも思い出します。

いかなごの釘煮とは、生の新子を醤油・砂糖(ざらめ)・生姜で煮詰めたいわば佃煮で、できあがったいかなごが折れた釘のように見えるためこう呼ばれているそうです。

新子は、関東では「小女子 (コウナゴ)」、 宮城地方では「女郎人 (メロウド)」、 九州方面では「カナギ 」など、色々な呼び名があるお魚なんですね。

くぎ煮を作る上で一番大切なのは何よりも鮮度。

折れ曲がるのは、新鮮ないかなごの身が瞬間的に引き締まった証拠なため、鮮度が良いほど、お腹が割れたり、頭が欠けたりすることもなく、折れた釘のようなきれいな曲線に仕上がるそうですよ。

いかなごの漁が解禁になる2月下旬から3月上旬、垂水や明石港で採れたいかなごが、その日のお昼過ぎには店頭に魚が並び、新鮮ないかなごを買うために行列ができていました。

スーパーには、「いかなご、×日×時に入荷します」と貼り紙が貼ってありました。

いかなごの釘煮を炊くおうちでは、近所や遠方の親せき・知り合いに送ることも多いので、1回に炊く量も半端ではないため売り切れてしまうのですね。

神戸のスーパー等では解禁日前からいかなごの特設コーナーがあって、調味料の醤油やざらめの他に、大きな鍋や保存用のタッパーが並びます。

最近では、郵便局がレターパックにタッパー、いかなごシールをセットにした「いかなごパック」なるものも販売されているそうです。

ikanago

毎年、Mちゃんのお母さんが炊いたものをおすそわけしていただくので、私は一度も作ったことがありません。

M母が作る釘煮は、ショウガがぴりっと効いていて絶品です!

一度百貨店で購入したことがありますが、高価なのに美味しくありませんでした。

すでに私もM母の味になってしまっていますね。

もちろん、Mちゃんもお母さん任せで作らないそうですが、ちゃんとあの味を伝授してずっと送ってほしいわ(^_^;)

スポンサーリンク
レスポンシブ

いかなごの釘煮レシピ

いかなごの釘煮コンテスト受賞者のレシピが「くぎ煮.jp」にたくさん紹介されています。
調味料の分量は様々ですが、美味しく作るポイントをまとめてみました。

【材料】

  • いかなご 1㎏
  • 醤油   170~200CC
  • みりん
  • 砂糖、ざらめ、水あめなど
  • しょうが

その他、レモンの皮、山椒などを入れている方も。

【作り方】

  1. いかなごを水洗いし、適度に水を切る。
  2. 醤油、みりん、砂糖、しょうがを鍋に入れ強火にかける。
  3. 煮立ったところにいかなごを入れる。お箸などでかき混ぜない。
  4. 汁気がなくなりかけたら火を弱め、鍋をゆすって混ぜる。
  5. 汁気がなくなったら火を止め、サッとざるにあげ余分な煮汁を切り、冷まして出来上がり。

【ポイント】

  • 新鮮で少し大きめないかなごを選ぶ
  • 煮汁を手早く捨てること
  • 手早く冷ますこと
  • 大きく厚手の鍋を使用すること
  • 1回に炊くには1kgが限度
  • しょうがをたくさん入れる
  • 途中、おはしでかき混ぜない

どの方のレシピも美味しそうですね。

くぎ煮コンテストの受賞者レシピはこちら

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルユニット広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です