フレッツ光の基本プランを分析してみた

我が家はテレビの電波が拾えず、アンテナを設置できません。

現在契約しているケーブルテレビ(J:COM)以外の方法でテレビをみるなら、「ひかりTV」と「フレッツテレビ」との契約が必要となります。

両社を比較してみると、フレッツテレビのほうが安いことがわかりました

フレッツテレビとひかりTV、地上波だけをみるならどっちがお得?
この記事は、J:COMの毎月の支払額をなんとか安くできないか、わが家がテレビ料金を見直したときの記録です。【見直し作戦②】 フレッツテレビ...

一般家庭では、インターネット回線から選ぶけど、わが家の場合はテレビ回線が必要なので選択の余地がありません。どちらを選ぶにしても、まずは「フレッツ光」のインターネットの契約が必要です。

そんな市場を独占している「フレッツ光」ってなんなのよ?
私のレベルはこんなに低いので、いちから調べてみましたよ。

フレッツ光とは?

net6
参考:フレッツ光はじめてガイド

フレッツ光とは、NTT東日本のブロードバンドサービス(アクセス回線)のこと。インターネット接続サービスには、フレッツ光ライトフレッツ光ネクストがあります。Bフレッツは新規受け付け終了です。

ネット上では、色々な代理店価格で表示されていてわかりにくいので、フレッツ光の公式サイトでのプラン料金を調べてみました。

定額制プラン

料金を気にせずに毎日インターネットを利用したい人向け

フレッツ光ネクスト

フレッツ光ネクスト ギガファミリー(戸建て)

5,700円(4,600円*)
データ送受信 上り下り 最大概ね1Gbps
*ギガ推しキャンペーン(30か月割り引)、2年割、マンスリーサポート利用した場合

フレッツ光ネクスト ギガマンション

プラン2 3,350円(2,950円*)
プラン1 3,750円(3,350円*)
ミニ   4,350円(3,950円*)
データ送受信 上り下り 最大概ね1Gbps
*ギガ推しキャンペーン(30か月割り引)、2年割、マンスリーサポート利用した場合

フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ(戸建て)

月額5,200円(※4,400円)
データ受信 下り最大200Mbps 上り最大100Mbps
*2年割、マンスリーサポート利用した場合

フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ

プラン2 2,850円(2,650円*)
プラン1 3,250円(3,050円*)
ミニ   3,850円(3,650円*)
データ受信 下り最大200Mbps 上り最大100Mbps
*2年割、マンスリーサポート利用した場合

2段階定額プラン

お手軽な料金でインターネットを始めたい人向け

フレッツ光ライト

フレッツ光ライト 戸建て

基本2,800円~上限金額5,800円(実質2,200~5,200円)
データ受信下り上り 最大100Mbps
※2年割、マンスリーポイント利用

net8

フレッツ光ライト 集合住宅

基本2,000円~上限金額4,300円(実質1,900~4,200円)
データ受信下り上り 最大100Mbps
※マンスリーポイント利用

net7

・すべてのプランの基本料金に、別途「プロバイダ使用料」が必要です。

・集合住宅は同じ建物で見込める契約数によってプランが変わります。
プラン2は16契約以上見込める場合
プラン1は8契約以上見込める場合
ミニは4契約以上見込める場合

・すべてのプランは税抜き価格になります。

まとめ

我が家は、一戸建てで現在100M契約のため、同等のサービスを求めると「フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ」になり、月額5,200円。

2年割引▲700円、マンスリーポイント▲100円を利用すると、実質の月額4,400円(税込4,752円)。

さらに毎月のプロバイダー料金がプラスされます。

【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

【J:com契約内容】
JCNスマートマックス 9,500円

【フレッツ光見積もり】

契 約 内 容 料  金
フレッツ光初期費用 18,800円
テレビ工事初期費用 25,600円
電話初期費用
初期費用合計
フレッツプラン 4,400円
フレッツテレビ 660円
プロバイダー
ひかり電話
毎月固定料金

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ