有料動画編集ソフトはどれがいい?プロ仕様VEGAS PRO(ベガスプロ)を使ってみました

プロ仕様の動画編集ソフト「VEGAS PRO(以下ベガスプロ)」の製品説明会に行ってきました。

ベガスプロはプロも使っている動画編集ソフトで、使いこなせばファイナルファンタジーのような動画も作れるのだそうです。

そう、使いこなせれば…ね。

教えてくれたのはパソコンソフト販売ソースネクストの社員さん。

ソースネクストは2016年に創業20周年を迎え、期間限定で大変お得なセールを行っており、ちょうど今は、VEGAS 販売本数10万本突破記念のセール中で最大90%OFFとかなりお買い得になっています。

いずれも期間限定1000本限りです。

90%OFF!!??

定価で買う人いるのかしら?

なんて思っていたら、私が知っているYoutubeでご活躍(女性の方でとてもすごいんです)の方は、

「私はベガスプロも説明動画も定価で買ったのよ(涙。だからこの価格は絶対にお得!!ベガスは機能がたくさんあるので、解説動画付きの全部セットがいいよ」

と教えてくれました。

今回のビックリキャンペーン内容がこちら

「VEGAS PRO 14 SUITE 」88,689円⇒ 9,980円

「VEGAS PRO 14  」66,489円⇒ 7,980円

「VEGAS PRO 14 Edit 」44,289円⇒4,980円

「全部パック 」168,911円⇒16,800円

自分で使ってみてから記事を書こうと思いましたが、キャンペーンは2017年6月30日までとなりますので先にご案内しておきますね。動画ソフトの選び方など教えていただいた違いをご紹介いたします。

キャンペーンページはこちら↓

究極の映像制作VEGAS 販売本数10万本突破記念セール
icon

動画編集ソフト「VEGAS」はどれがいい?

ベガスシリーズには、プロシリーズとスタジオシリーズがあります。

そしてプロの中にも14、14SUITE(スイート)、14Edit(エディット)と別れているため、有料の動画再生ソフトを購入しようと考えたときにどれがいいか迷ってしまいます。

私はパソコンを買ったときにインストールされていた無料の動画ソフト「Windows Movei Maker(ウインドウズ ムービーメーカー)」しか使ったことがありませんが、先日新しく買ったパソコン(Windows10)には入っていないので、そろそろ有料ソフトを買おうかなと思っていたところでした。

でも、いざ有料の動画編集ソフトを選ぶとなると、どれがよいのかさっぱりわかりません。どんな機能がついていて、どんなことができるのか……、初心者ならなおさらですよね。

「で、ぶっちゃけどれがいいんですか?」

と、ソースネクストさんに聞いたところ、

「今は割引になっているのでベガス14スイートがおすすめです」とのこと。

ベガスシリーズで一番売れているのはどれ?

実際にベガスシリーズの売れ筋ランキングは

1位. VEGAS PRO 14 Suite

2位. VEGAS PRO 14 Edit

3位. VEGAS PRO 14

(集計期間2016/12~2017/5)

ソースネクストさんおススメのスイートが、ここ半年間で一番売れているそうです。

どのような機能の違いがあるのか比べてみました。

ベガスシリーズの違いは?

大きな違いは、手振れ補正、オーディオ編集ソフトがついているかいないかです。

「VEGAS PEO 14 EDIT」に、オーサリングソフトとゆがみ補正ソフト、オーディオ編集ソフトを収録した最上位版が「VEGAS PRO 14Suite」になります。

「VEGAS PEO 14 Edit(定価44,289円)」と「VEGAS PRO 14Suite(88,689円)」価格が倍近く違いますが、一目でわかる一覧表はこちらです。

VEGAS PEO 機能比較一覧表 icon

ベガスプロ14スイートでできることは?

【suite=一揃いの意味】
名前の通りソフトウエアがこれひとつで一揃いになっています。

  • ビデオ編集(VEGAS PRO 14 Edit」
  • オーディオ編集
  • オーサリング

ビデオ編集の特長

  • 重ねるだけでクロスフェード
  • 簡単にトランジション編集
  • 充実のエフェクト効果
  • 手振れ補正(「Mercalli」($398相当)

オーディオ編集の特長

  • Sound Forge Pro11(44,394円相当)

オーサリングの特長

  • VEGAS DVD Architect(7,200円相当)

※オーサリングとは、動画を再生するためにDVDディスクへの記録フォーマットやファイル/フォルダの構成など、様々な分野において定められている決まりに従ってDVDビデオを編集すること。

映画のDVDやブルーレイの制作にも使われる、プロ用のオーサリングソフトがあれば、メニュー付きのディスクをつくることが可能です。

  • 100種類のテンプレートを搭載
  • Photoshopデータも読み込める
  • Dolby Digital Studio対応

VEGAS PRO 14 Suite を使った感想

会場で実際にベガスプロ14スイートを使ってみました。

プロの現場で使われるため、スピードが重視された時間のない中でも直感的に編集することができるように作られているとのことですが、高機能すぎて慣れるまでは大変そう……というのが私の第一印象です。

まぁ、今使用しているWindows Movei Makerも最初はかなり時間がかかったので、数をこなすことでしょうか。

◆動画:VEGAS PRO 14Suiteを使ってみました(2分23秒)

  • ベガスプロは直感的に操作できる。
  • ドラッグ&ドロップ操作で簡単に編集できる。
  • キーボードとマウスの 右ボタンによる組み合わせキーを使用して編集できる。
  • 動画にモザイクが追随できる(手動)
  • 4Kなど重い動画ファイルもサクサク編集できる

今回製品説明会に出席した特典として、ベガスプロを体験させていただくことになりましたので、頑張って使ってみたいと思います!

※VEGAS PRO は32bitOSには対応していないため、購入前には必ずご確認くださいね。詳しくはこちら↓

VEGAS PEO 14 Suite 製品詳細

※追記:

実際に使っている方から、高機能なので使い方マニュアルは購入した方がいいよと教えてもらいました。これから購入するなら解説ムービー付きのセットがおすすめです。

iconVEGAS Proシリーズは、ソースネクストで

スポンサーリンク
レスポンシブ