世界のビールが楽しめる【青空クラフトビアガーデン】オフ会レポート

味や香りの幅が広いクラフトビールは、ドイツ、ベルギー、チェコ……と、その生まれ故郷も様々で種類も豊富。麦芽をどれくらい焙煎するかでその色あいも変わってくるそうです。

そんなクラフトビールを楽しめるビアガーデンがあるのをご存知ですか?

東武池袋百貨店の8階スカイ広場にある「青空クラフトビアガーデン」で、5種類のクラフトビールを飲みながらBBQを楽しむ「クラフトビールin ビアガーデン」オフ会に参加してきました。

お酒が強くないわたくし、クラフトビールもビアガーデンも初体験ではありましたが、クラフトビール東京(川野さん)と東京ビアガーデン情報館(和田さん)コラボの企画ならば間違いないだろうと申し込み大正解!

参加者みなさん「ビールが大好き❤」ということもあり、初対面ながらいろんな話ができて楽しかったです。ビールについて教えていただいたことも多く、飲み会なのに一生懸命メモを取りながら飲んでいました(笑。

オフ会のレポートと、飲んできたクラフトビールの種類なども忘れないようにまとめてみました。

青空クラフトビアガーデン

池袋東武百貨店8階スカイ広場にあるビアガーデン「青空クラフトビアガーデン」。デパートの屋上にあるただのビアガーデンと侮るなかれ。

「ザート商会のビールが飲み放題で飲めるなんて、すごいことですよ!!!」

と、テーブルをご一緒した方から、このビアガーデンの素晴らしさを熱く教えていただきました。

株式会社ザート商会【Zato Trading(ザート・トレーディング)】は、ドイツビールやヨーロッパの高級食材を輸入している会社。虎ノ門、表参道、赤坂……などでドイツビアレストランを経営しています。

調べてみるとイベントなどにも出店されていて、横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットで私もいただいたことがありました。とても有名な会社なのですね。

青空クラフトビアガーデンは、同社長のワールドリカーインポーターズ株式会社が運営しています。

青空クラフトビアガーデンで飲めるクラフトビール

青空クラフトビアガーデンでは、5種類のクラフトビールが楽しめます。
通常2時間飲み放題のところ、今回のオフ会ではなんと3時間!ビール好きな方がひとりでも参加するのがわかりますね。

今回飲んできたクラフトビールを忘れないうちにメモ。

※飲み放題コースに含まれるクラフトビールはヨジャックのみですが、+500円で3種類追加できます。

ヨジャック シェンコブニ ペール10

チェコ ピルスナー
ALC.4.4%
チェコのイフラヴァにあるクラフトビール。ホップの苦味と麦芽の甘みが心地よいクラフトビール

ホフブロイ ミュンヘナー ヴァイス

ドイツ 白ビール
ALC.5.1%
ミュンヘンNo.1ヴァイスピア。上質な小麦麦芽と良質なホップのシャープでスパイシーな味わい。

パイクIPA

アメリカ IPA
ALC.6.3%
グレープフルーツのような柑橘系の味わい、マスカットの香り、IBU60のしっかりしたアメリカンIPA

メルリン チェルニー プレミアム

チェコ 黒ビール
ALC.4.7%
シュバルツパイプの漆黒の黒ビール。焼き栗のような香ばしいロースト感、飲み口は軽快でスッキリした味わい。

フランツィスカーナ ヴァイスドゥンケル

ドイツ ヴァイスドゥンケル
ALC.5.0%
ローストした麦芽がチョコレート風味となりバナナフレーバーが漂う飲みごたえのあるビール。

クラフトビール初心者ザックリ知識

クラフトビールを飲みながら、「いったい何種類くらいあるのかしら?」と考えてしまった素人なわたくし。クラフトビール=おしゃれなビールというイメージだけで、そもそも「クラフトビール」のことを全く知りませんでした。

ざっくりした定義ですが、大手ビールメーカーの量産ビールに対し、少人数手作りで丁寧に醸造されたビールがクラフトビールとよばれています。職人さんが造るから「クラフト」なんですね。

世界の主なビール

国税庁:世界の主なビール

クラフトビールの種類は3スタイル

  1. 下面発酵で作られた「ラガー」
  2. 上面発酵でつくられた「エール」
  3. 自然発酵でつくられた「自然発酵酵」

さらに詳しく分類したのが、よく耳にする「ピルスナー」「ペールエール」「スタウト(黒ビール)」など。

ビールはオリジナルレシピに基づいて造られていて、味や香りは原料や醸造法によって全く異なりますが、大まかなスタイルを知っているとより味わい深く楽しめるのだそうですよ。

味わいの違うビールを飲み比べ

画像右から「ヨジャック」「ホフブロイ」「メルリン」。

ヨジャック」の乾杯からスタートし、参加者の皆さんMENUの上から順番に飲まれていましたが、一周は当たり前(笑!

パイクIPA」というアメリカのクラフトビールが特に人気でした。

IPA(アイピーエー)=India Pale Ale(インディア ペールエール)は、アルコール度数が高めでちょっと苦みの強いビール。香りもよくビール好きな人が好きというのもわかる気がします。

私はヨジャックが好きかな。

残念ながらお酒が強くないので、2杯目以降はグラス1/3だけ注いでもらい、チビチビと楽しんできました。

飲めない人でもいろんな種類を味わえるのはありがたいですね。

おまけのオフ会裏話

受付の手伝で、気遣い120%の和田さんが用意した名札を配ったのですが、「ガンガン飲むぜ!」の赤ホルダーが真っ先になくなりました。

これはさすがに主催者も読めなかったみたい。

Facebookの告知を見てひとりで参加したという女性が多くて驚いたのですが、趣味を通じてつながることができるオフ会は、話が盛り上がっていいですね。美味しいお酒とおしゃべりを満喫されて楽しそうでした。

通常の2時間コースが3時間になっただけでもお得なのに、「コナビール」「横浜ビール」、「パタゴニア ロング・ルート・エール」などの珍しいクラフトビールのあたる抽選会もありました。

残念ながら私はハズレてしまいましたが、参加者全員に「東京クラフト」のお土産もいただきました。

「また企画してほしい」という声がとても多かったので、是非来年もお願いしたいです。次回募集があった時は参加してみてくださいね。

イベント情報などはこちらを参考にしてください。

クラフトビール情報⇒ クラフトビール東京

ビアガーデン情報⇒ 東京ビアガーデン情報館

青空クラフトビアガーデン一般利用情報

(一例)青空クラフトビアガーデンBBQコース
飲み放題付 2時間 3500円(税別)

ビール飲み放題内容

  • 生ビール
  • チェコ
  • ヨジャック(樽生ピルスナービール)
  • ハイボール
  • サワー
  • ワイン
  • ソフトドリンク

+500円(税込)でクラフトビール樽生3種類に変更できます。

ビアガーデン専用窓口では、ヨジャックは自分で注ぐことができます。
クラフトビール以外もドリンクメニューは豊富。

ジュースサーバーにはウイスキーなどのボタンもあり、注ぎ出る量ボタンが選べるので、お好きな分量を合わせてオリジナルカクテルも作れたりと楽しいですよ!

もちろん飲み放題以外のコースもあるので、お買い物のついでに美味しいクラフトビールを飲みに行ってみてはいかがでしょうか。

ビアガーデンの期間

2018年4月5日(木)~10/19(金)
営業時間 16:00~23:00
※日中のビアガーデンもあり
※10月は20時まで

東武池袋8階屋上スカイフードコート
青空クラフトビアガーデン

詳細はこちら 青空クラフトビアガーデン

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ