おすすめアイテムまとめました☞

洗濯したマスクを干すのにピッタリ!無印良品【アルミ直線ハンガー】

Marimekko【 Pieni Siirtolapuutarha 】

外出は買い物と犬の散歩くらいだし、不織布マスクであごに湿疹ができてしまったため、最近は布マスクを愛用しています。

布マスクのメリットは

  • 洗濯して繰り返し使える
  • 綿100%は肌に優しい
  • おしゃれが楽しめる

デメリットは

  • 洗濯がめんどくさい

マスクの洗濯方法は、ライオンさんのサイトを参考にして、液体洗剤でつけおき手洗いしています。

布マスク洗い方の基本!1日1階の手洗いで清潔に長持ち

今までDAISOの洗濯ハンガーに干していたのですが、もう少し小さくて、できればアルミ製のものはないかなと探していたら、「MUJIのハンガーが小さくてあうかも」とSNSで教えていただき、早速買ってきましたよ。

無印良品アルミ直線ハンガー

無印良品アルミ直線ハンガー

布マスクを3枚干すことができます。
まさに布マスク専用洗濯ピンチといってもいいくらいピッタリ。

ちなみに真ん中の白いマスクは無印良品の「繰り返し使える2枚組三層マスク」です。

DAISO 洗濯ハンガー

今まで使っていたDAISOのハンガーがこちら。これもよかったのですが、ハンガー型なので干している時見た目がイマイチでした。100円なので文句は言うまい……。

その点、無印良品の直線ハンガーは、アルミだしピンチが透明なので目立ちにくいのがよかったです。

フックが回転、ピンチは固定

無印良品 直線アルミハンガー

無印良品のアルミ直線ハンガーは、ピンチが6個付いた直線型のハンガー。
幅35センチとサイズも手ごろで、フック部分がくるっと回るので干す場所を選びません。

ピンチは固定しているので干しやすいです。

干す場所を選ばないコンパクトサイズ

アーム部分が直線型なので干す場所を選びません。
MUJIの公式サイトで紹介されていた洗濯機ラックにかける使い方はいいなぁ。

実際に商品を見たとき、洗濯ピンチもアルミだとよかったのにと思いましたが、クリアだと目立ちにくいのでデザインを考えて作られていますね。さすが無印良品。

コンパクトなので旅行に持参してもよさそう。

ピンチ2個、4個のもっとコンパクトな「マスク専用ハンガー」もつくってほしいな。

無印良品繰り返し使える2枚組三層マスク

無印良品繰り返し使える三層マスク

息子は無印良品の繰り返し使える「三層マスク」を使っています。表面に抗菌防臭加工を施した綿100%のマスクは、30回くらい洗って使えるとのこと。

MUJIマスク

2枚で999円なので、1枚500円くらい。

まだ10回も洗濯していませんが、今のところ洗濯してへたることもなく問題なく使用できます。

「ムラ糸天竺編み」「鹿の子編み」「サッカー織り」マスクもあるそうですが、お店では見かけたことがありません。人気なんですね。

お店で見つからないときは、オンラインショップでも送料200円で買えますよ。

無印良品公式サイト(三層マスク)

直線ハンガーは無印良品楽天市場店でも取り扱いあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無印良品 アルミ直線ハンガー 約幅35cm・6ピンチ
価格:490円(税込、送料別) (2020/7/1時点)

コメント

トップへ戻る