おすすめアイテムまとめました☞

【カーボキシー炭酸パック】1回わずか1,760円!おうちでフェイシャルエステ

CARBOXY強炭酸ガスパック

2020年に韓国から日本上陸した、話題のハリを使わない「CARBOXY(カーボキシー)パック」を使ってみました。

わずか20分で毛穴が引き締まり、肌が明るくなるのが実感できる優秀パック。それもそのはず「サロン専売品」のプロが使う商品です。

ホームケアの口コミがまだ少ないので、家で使ってみた感想と一緒に、RESALONで教えてもらったより効果的な使い方もまとめてみました。

CARBOXYとは

RIBESKIN CO2 CARBOXY THERAPY

カーボキシーパックは、特殊なマスクとゲルが混ざることで大量の炭酸ガスが発生する針を使わないトリートメント。

韓国の製薬メーカーが、もともと治療に使われていた原材料を改良し、美容商材(ブランド名:RIBESKIN (リベスキン))として作られました。

どんな治療に使われていたのかしら?と公式サイトを調べたところ、フェイシャルは、あざ、腫れ、にきびの治療、ボディは術後、妊娠後の治療にも効果的との記載を発見↓

Facial :The key to radiant, youthful skin. Our revolutionary needle-free carboxy therapy helps boost skin’s metabolism and natural production of oxygen providing deep down hydration. Skin looks dramatically brighter, fresher, even-toned, less lined and supple after first use. Also effective for bruise, swell and acne treatment.

Body:Our innovative needle-free carboxy therapy helps redefine body contours with a dramatic improvement in skin elasticity and cellulite reduction. Also effective for post-surgery, post-pregnancy therapy.(JMBIOTECH

INTRODUCTION VIDEO|CO2 CARBOXY THERAPY [RIBESKIN®]

顔だけでなく、首、デコルテ、腕、脚、お腹などにも使用していました。かかとのガサガサにやってみたい!

炭酸パックと炭酸ガスパックの違い

一般的な「炭酸パック」は炭酸ガス発生量が少ない「H2CO3」の弱炭酸。それに比べてカーボキシーは「CO2」の炭酸ガスパック。その炭酸発生量は国内最大です。

  • 一般的な炭酸パックの炭酸濃度⇒1万ppm
  • カーボキシー炭酸ガスパックの炭酸濃度
    家庭用⇒5万ppm
    業務用⇒7万ppm

液剤を混ぜる商品とは異なり、マスクそのものに溶剤が練り込んであるから、マスク乗せた瞬間に最大効果が得られる優れもの。

シュワシュワ音が聞こえるほどの強炭酸!

13種の美容成分配合

キク花エキス・スイカズラ花エキス・センチフォリアバラ花エキス・ハマナス花エキス・エンジュつぼみエキス・センキュウエキス・アカマツエキス・クヌギエキス・ヨロイグサ根エキス・アンゲリカテヌイシマ根エキス・カンゾウ根エキス・ユーカリ葉エキス13種類の美容成分が配合されています。

炭酸ガスで毛穴の汚れを浮かして、これらの美容成分を浸透させるわけですね。

カーボキシー使い方

1回30ml

使い方手順の前に使用頻度と注意点から。

カーボキシーパックは週1回が目安ですが、最初のうちは3日に1回使うのがよいそうです。

商品は5回分で8,800円(1回1,760円)ほどなので、定期的なホームケアとして取り入れやすい価格なのも嬉しい。

ゲルがたっぷりなので垂れないように入浴中に使おうと思ったら、「マスクは濡らさない」ほうがいいと教えてもらいました。

あと、炎症のあるニキビや傷があるときは使用しない、肌に合わないときにはすぐに使用を中止するなど、使用上の注意は必ず読んでから使いましょう。

カーボキシー手順
  • クレンジング後、水分を拭き取り、ゲルを筆や手で顔全体〜首、デコルテまで均一に塗布。
  • 専用シートをのせてハンドプレスすると、強炭酸ガスが発生。
  • 20分放置後、シートを剥がして、ゲルをきれいに洗い流し、いつものスキンケアで終了。

ゲルをたっぷり塗布

ゲルを塗るための筆がついていますが、サロンで「手のほうが塗りやすいですよ」と教えてもらったので、手でペタペタ塗布。

1回30mlとかなりの量なので、顔や首にたっぷり塗っても余ります。残りはマスク着用後に上から筆で鼻のわきなど細かい部分に使用。

手の甲にも使いました

マスクをのせゆっくりとハンドプレスをすると、ジュワジュワ~という音が聞こえるほどの強炭酸が発生。痛みはありませんが、息子は痛かったそうなので個人差はありそう。

首用のマスクを半分に切って手の甲にも使いました。ジェルが乾くと効果が減ってしまうので、RESALONで教えてもらった100均のシリコンマスクをこの上から使用。

シリコンマスクでより効果的に

DAISO シリコンマスク

DAISOで見つけたシリコンマスクは立体形状で顔にピタッとするので、美容成分が乾燥してパックがはがれてくるのを防ぎ、繰り返し使えて超優秀。せっかくカーボキシーやるならこのマスクは絶対に使ったほうがいいです。

20分放置後、洗い流し

「佐清、マスクをとってみせておやりっ!」

シリコンマスクといえば思い出す「犬神家の一族」。久しぶりに観たくなりネットで佐清の画像をみたりしながら20分経過(どんな美容タイム?)。

サロンでは温タオルできれいに拭いてもらいましたが、家なので水でゲルを洗い流しました。

使用後の感想とまとめ

同じサイズになるようにiPhoneのグリッド線を意識して撮影してみたところ、おでこがバッチリ見えてしまっているのに顔が小さく見える気がします。

すでに4回目なので、カーボキシー前の写真(左)も肌色が十分明るいのですが、使用直後(左)は血行が良くなり、少し赤みがあるのがわかります(明るさ加工一切なし)。

口コミを読んだら赤みが強い人もいるみたい。初めて使う時はお出かけ直前は避けたほうがよさそうです。

カーボキシーまとめ
  • 水で濡れないようお風呂での使用はできるだけ避ける
  • 液を混ぜる手間がなく、マスクをのせた瞬間最大効果が得られる
  • シュワァァ~っという音が聞こえるくらいの強炭酸
  • ゲルを乾燥させずに20分放置
  • 痛みや赤みには個人差がある

カーボキシーが買えるお店

左:カーボキシー炭酸パック/右:エピダームプラスマスク

カーボキシーは「サロン専売品」のため、正規代理店以外の店舗やインターネット販売は行っていません。それ以外で購入された商品は模倣品の可能性や、製造日や保管・品質状態などの問題が考えられるため、エステやクリニックなどの正規代理店からの購入がおすすめです。

RESALONも元は店頭販売のみでしたが、「オンラインでも買えませんか?」との問い合わせが多く、渡辺オーナーが日本総代理店の社長にしつこいラブコールをして、オンラインショップでも扱えるようになったそうです。

そしてオマケ情報ですが、RESALONのオンラインで購入するなら、カーボキシーと同メーカーの「エピダームプラスマスク」も一緒買いがおすすめ。

欧米のクリニックではレーザーの後に使用される再生クリームをマスクにしたもので、RESALONの施術でも最後の鎮静化に使用していました。

25枚で6,380円(255円)とデイリーに使える価格ながら、成長因子EGF配合、EGFやツボクサエキス、カタツムリ分泌液など話題の美容成分が7種類も入っていて、プチプラなのに高機能。

頭皮・髪・肌の根本的改善を目指す「RESALON」で取り扱っている商品は、美容の最先端でどれも目が離せませんね。

\商品詳細はこちら/

RESALONオンラインショップ

カーボキシーを取り入れたサロンでの施術レポートはこちら

※この記事は商品提供いただき執筆しております。(提供/RESALON)

2020.12.20 ROOM更新しました。

コスメ

よかったねっと

コメント

トップへ戻る