発汗恐怖症、多汗症などの「精神性発汗」には事前対策が効果的

先日紹介した汗取り対策グッズの記事で、「サッとはずせる汗取りインナーは、ベルメゾンカタログのどこのページでしょうか?」というお問い合わせをいただきました。

過去記事はこちら
https://yokattaweb.net/senshukai-2/

新しいカタログ「ベルメゾン夏カタログ・すむとこ」のP121に掲載されています。

**デジタルカタログリンクP121**
iconicon
サッと脱げる汗取りハーフインナー
icon
※ハーフインナー取り外し方の動画は、スマホからも見れますよ。

**デジタルカタログリンクP121**
icon
icon着替えた肌着の持ち運びも安心!消臭ポーチ
icon

夏号のカタログでは、「女の夏は危険がいっぱい!なんとかならない!?」という特集で、他にも大汗対策グッズがたくさんありましたので、いくつか紹介しますね。

ベルメゾン大汗対策グッズ

わき汗対策

icon
iconワキがひんやり!冷却ジェル付き汗わきパッド
icon肩にひっかけて装着し、内側のポケットには冷却ジェルも収納できるため、ひんやりとクールダウン。

iconicon
ワキサラ給水パッド大判Ag+
icon銀のイオンが配合された大判の給水パッドフィルム。

胸の谷間にたまる汗対策

icon
icon胸の谷間汗取りハートパッド
icon吸水性のある生地と帝人のベルオアシスを使用したハート型のパッドは、レースをあしらっているのでちょこっと見えてもOKです。

使い捨て汗取りパッド

icon
icon汗をかいたらポイ!使い捨てできるインナーicon

吸水性の良い薄手の不織布で作られていて、洋服を脱がずにサッと取り外すことができます。

精神性発汗と温熱性発汗の違いを知る

わき汗パッドの口コミに「結婚式に出席した時に、緊張で汗ジミがひどくそれから使っています」と書かれていましたが、確かにわき汗って真夏の暑い日だけでなく、人前で話をする、プレゼンする、面接をするなど緊張した時にジワッとくることが多い気がします。

このような汗は精神性発汗とよばれ、スポーツや夏の暑い時期に自然にかく温熱性発汗と分けて考えられています。

そしてこの精神的発汗は、「発汗恐怖症」「多汗症」などとも呼ばれ、意外にもわき汗が多くてニオイも強いそうなのです。

腋の下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺がありますが、エクリン汗腺からの汗には、暑い時の体温調節の温熱性発汗以外に、緊張した時にかく精神性発汗があり、精神性発汗は温熱性発汗に比べ急激に発汗することが知られています。一方、アポクリン汗腺からは、緊張時にタンパク質に富んだ汗が分泌され、腋の下の臭いが強くなりやすいことが確認されています
(KAO 緊張による発汗に対する消費者意識調査

汗をかいたらどうしよう、汗がにおってしまったらどうしよう・・・

考えれば考えるほど発汗してしまうのは本当に困ります。

制汗剤などで前もって対策をしておくと、汗の量を押さえることができたという実験結果がありますから、「汗とりパッドをつけているから汗ジミも大丈夫なはず!」という気持ちが大切なんですね。

汗をかく前の事前汗対策で、少しでも精神的発汗は押さえることができるといいですね。

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ