元気なヒマワリ13本と【お花のフレッシュ便】鮮度の秘密のまとめ

日比谷花壇「お花のフレッシュ便」のモニターをしています。

3回目は「ヒマワリ13本」が届きました。

IMG_5861

モニターは残念ながら今回が最後ですが、好きなお花のタイミングが合えば、自分でも購入したいと思いました。

今までのお花と比較して正直な感想を書いてみますね。

届いたヒマワリの茎がとにかく長い!

DSC02176

いつものようにフレッシュ便の段ボールで届きました。(梱包資材については後述)

箱を開けた瞬間、息子と大歓声。

お花のフレッシュ便を始めてから、長持ちさせるお花を選ぶポイントは「茎の長さ」だと知りましたが、今回のひまわりも長いです。

「長さがわかるように50センチ定規を持ってよ」

と息子にお願いしたところ、身近なものと比較したほうがわかりやすいからと、1.5リットルのペットボトルを持ってきてくれました。

DSC02177

こんなに長い。

DSC02178

茎の長さを測ってみたら、50センチの定規以上ありました。

IMG_5857

バラバラにならないように、茎がまとめられています。

これだけ見事なヒマワリを切ってしまうのはもったいないので、今回は花瓶に合わせて長さを切っただけで、水切りしながらヒマワリだけで楽しみました。

IMG_5860

ゴッホの『Sunflowers』がイメージ。

Sunflowers』って何本だったのかしら?

調べてみたら、3本~15本まで色々な画があるみたいですが、五井野正(歌川正)ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館の情報によると、13本のヒマワリがゴッホを象徴していると書かれていました。

13sunflower

出典元:ゴッホが愛した歌川派(浮世絵)美術館

おぉぉ!

だから今回届いたヒマワリは13本だったのかしらん。

できるだけ長いままで…とちびちび水切りしながら頑張って、10日目に短くカット。

▼10日目の水切りの様子 さすがに茎が弱ってきたので、かなり短くカット

hibiya20

IMG_6017 IMG_6019

届いてから10日目のヒマワリ1本だけでもこれだけインパクトがありますが、庭のアイビーを切り取って一緒にさしてみました。

先週は真夏日が続きましたが、家を空けることも多かったので、日中家の中はかなり高温だったはず。

夏の切り花は茎がすぐに腐ってしまい、枯れてしまうことが多かったのですが、延命剤を入れてこま目に水切りしたところ、長く楽しむことができました。

お花のフレッシュ便が新鮮な秘密まとめ

自分で気付いた点もありますが、お花のフレッシュ便はできるだけ新鮮な状態のままで市場から直送できるように、発送資材にかなりこだわりがあると教えていただきました。

配送資材に相当のこだわりがある

flash

箱にたくさんの空気穴があり、中の水がこぼれないようになっています。

hibiya19

画像はわかりやすいように色水を使っていますが、ここまで傾けても水がこぼれません。

つまり万が一、段ボールがほぼ真横に傾いてしまっても、水浸しになる心配がないわけですね。

中はただのお水ではなくて、クリザールの鮮度保持剤が入っているそうです。

hibiya3

クリザールは、毎回付いてくるこの延命剤と名前が一緒ですが、家庭用のお花の栄養剤には、開花や水揚げを促進する成分が含まれており、綺麗に咲き切るように考えられた成分となっているのに比べて、輸送用は、鮮度を維持するために配合された成分なのだそうですよ。

そしてバケツの上にかぶせてある段ボールのふたにも秘密があるのだそうです。

hibiya22

バケツの上にこの蓋をすることで、バケツ内の水分による「蒸れ」で、お花が劣化するのを防止しているのだとか。

そこまで考えられていたなんて、ビックリですね。

鮮度が命の、「フレッシュ便」なので、 お花自身の品質はもちろん、 お花にとって安全、快適な輸送方法にこだわっております

このようなお花の発送方法は、生産者さんから市場への出荷に使われるような プロ仕様のものなのだそうです。

お花の鮮度維持は、お水に入れた状態が一番。

だから保水ゼリーやスポンジではなく、あくまでも液体のお水にこだわっているから「フレッシュ便」なのですね。

今回は3回目でしたが、お聞きするまで気が付きませんでした。

お花のフレッシュ便は、届く日にちが決まっていますが、継続契約ではないので、留守にしない日程や気にいったお花の時だけ注文することが可能です。

市場直送の新鮮なお花なのに、値段は近所のスーパーよりも安いので、自宅でサロンや教室をされているような方はもちろん、眺めた時の満足感がありますので、自分へのプチ贅沢にもおすすめですよ(*^_^*)

日比谷花壇_オンラインショップ_お花のフレッシュ便

過去2回のモニター記事はこちらです。

市場直送【お花のフレッシュ便】の秘密とお花を長持ちさせるコツ
お花が好きなので、普段は買い物ついでにミニブーケを買ってきてきたり、季節の鉢花を飾ったりしていますが、これからお花も傷みやすい時期になります...
お花のフレッシュ便を使い回す!自宅で簡単フラワーアレンジメント
日比谷花壇の「お花のフレッシュ便 」のモニターをしています。 先週の土曜日に2回目の「ガーベラ」が届きました。 いろんなアレンジ...
【日比谷花壇 お花のフレッシュ便】ガーベラを長持ちさせるコツは少ないお水
日比谷花壇お花のフレッシュ便のモニターをしています。 深紅のバラに続いて、第2弾はピンクのガーベラ10本でした。 前回と...
スポンサーリンク
レスポンシブ