100本のバラの大きさや重さを体験させてもらいました。プロポーズには意味のある108本を!

日比谷花壇のイベントで「100本のバラ」を見てきました。

100本のバラなんて持つのはもちろん、見るのも初めてだったので、テンションが上がりっぱなし!

会場にいた他の方も、100本のバラの花束を手に持つと思わず笑みが浮かびます。

自然に幸せな気分になれるから不思議です。

女性がもらいたい花No.1バラ特集【日比谷花壇】

日比谷花壇のアニバーサリーローズ

日比谷花壇 アニバーサリーローズ

日比谷花壇の100本の赤バラの花束は、注文が入ってから刈り取るため、フレッシュな状態が長続きします。 icon

100本もあると香りがきついかなと思ったのですが、全く気になりませんでした。

とても見事な花束ですが、どんな時に贈るのかを聞いてきましたよ。

大量のバラを贈るのはどんな時?

たくさんのバラを贈るシチュエーションとして考えられるのは、

  • 誕生日
  • 結婚記念日
  • 送別会 など

インパクトがかなりあるので、サプライズプレゼントにぴったりですね。

他に30本、50本、60本入りとありますが、

  • 30本 三十年目の真珠婚式
  • 50本 五十年目の金婚式
  • 60本 還暦のお祝い

など意味のあるお祝いとしても最適です。

プロポーズには108本のバラの花束を

恋人に贈る場合はこんなイメージに!

無理難題を押し付けられても、快く引き受けてくださる優しい日比谷花壇の社員さん。もちろんやらせです(笑。

ちなみにここは日比谷花壇本社の受付。グリーンがいっぱいで本当に素敵なオフィスなんですよ。

108本のバラ」は、108がとわ(永遠)と読めるので「結婚してください」という求婚の意味があり、プロポーズに使われます。

一生忘れられない贈り物になりますね。

100本のバラはどうやって届く?

日比谷花壇より届いた状態。

配送のドライバーさんにお花ということがわかるように、透明の上窓になっています。

100本のバラは、両手でないと持てないくらい重いです。

箱の中でとり忘れがないように、「品質保証カード」と花を長持ちさせる「お手入れのしおり」「延命剤」は、箱のわきにとめてありました。

100本のバラはどこで買える?

お花屋さんにって「100本のバラをください」といっても、すぐに対応できるお店はありません。

予めお花屋さんに頼んでおくか、ネットから予約注文となります。

日比谷花壇の場合、注文が入ってから刈り取るため、予約は到着予定日の6日前までとなっています。注文時日付指定できるのでお早めに。

お花は生き物なので計画的に用意しましょう。

100本のバラの大きさや重さはどのくらい?

相手の自宅に贈る場合はよいのですが、自分で手渡しする場合、電車で待ち合わせの場所まで行くのに、こんな花束を抱えていたら相当注目されることと思われます。

花束の大きさは、

  • 直径47cm
  • 長さ65cm
  • 重さ2.4kg

できればバラの花を見たときの喜ぶ顔を見たいもの。

勇気をもって運んでくださいね!

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ