RAKUTEN ROOM はじめました ▶

『日比谷花壇ハナノヒ教室』お花をもっと好きになるワークショップレポート

日比谷花壇「ハナノヒ教室」に参加しました。

ハナノヒは、日比谷花壇のお花のサブスクリプションサービス。毎日、または毎月コースごとにお花がもらえる月額サービスです。

「ハナノヒ」利用者が参加したので、どこのお店がよかった、こんなお花をもらったことがある……、などの情報共有もでき大変楽しいイベントでした。

応募者が大変多くて抽選だったそうなので、当日の様子をレポートします。

日比谷花壇

ハナノヒとは

ハナノヒ@日比谷花壇桜木町店

ハナノヒはお花の定額制アプリです。

私は毎日1本、お店によって決まったお花がもらえる「イイハナプラン(月額1,187円)」を利用しています。

アプリ内のパスポートを見せるだけ

ハナノヒアプリ

スマホに専用アプリをダウンロードし、画面から好きなプランを購入すると、申込日から1か月間、次回更新日までに解約しなければ毎月続くサービスです。

店舗での利用は、画面下のパスポートを開きお店で見せるだけ。1日1回利用できます。

持ち歩きやすいパッケージ

お水ではなく、こぼれにくい樹脂入りのビニールに入った花を受けとります。荷物が多い日でも持って帰るのが楽ちん。

ハナノヒプラン比較

《ハナノヒプラン一覧》
プラン月額1回の内容回数(月)
イイハナ1,187円本日の花1本毎日
サクハナ3,987円1300円まで6回
ハナハナ8,787円3000円まで6回
イコーハナヤ15,878円6000円まで6回

サクハナプラン、ハナハナプラン、イコーハナヤプランは月額金額は違いますが、毎月6回まで自分の好きなお花を選べるサービスです。

1回の金額、例えばサクハナプランは1300円を超えてしまった場合は、差額を支払えばOKなので選びやすいですね。
金額内で選べば追加金はありません。

今回のイベント参加者は、私と同じ「イイハナプラン」の方が多かったです。

お花をもっと好きになるワークショップ

ハナノヒ教室

ハナノヒ利用者を対象にした「ハナノヒ教室~基礎から学べる花瓶生け」が、2019年11月30日(土)日比谷花壇本社で行われました。

日比谷花壇シニアデザイナーの福井崇史さんから

  • お花屋さんでお花を選ぶポイント
  • お花を少しでも長く楽しむコツ
  • 花瓶への生け方のコツ
  • お花の写真の撮り方

などを教えていただき、会場に用意されたたくさんの花の中から、自分で好きな花を選んで生ける「サクハナ」プランを体験しました。

お花選びのポイント

花選びのポイント

  1. 好きな花を選ぶ
  2. 色で選ぶ
  3. 季節感やテイストで選ぶ
  4. グリーンと合わせて選ぶ

メインとなる花を選んだら、同系色で合わせると失敗しにくく、実物や葉物を合わせることでお花が映えるそうです。

クリスマスっぽいカラーのお花

クリスマスシーズンなら、コニファーやユーカリなどの葉物や、松かさなどの実物を合わせたり、季節感の出るアレンジを選ぶのもOK。

お花を長く楽しむ工夫とワザ

福井さんからハサミの使い方をレッスン

花を長く楽しむコツ

  1. 花の寿命を知る
  2. 腐らせない、カビさせない
  3. 水揚げ方法を知る

菊のように長持ちする花もあれば、ダリアのように3~4日と短命な花もあるので、用途によって花の寿命を知ることが大切。

きれいなよく切れるハサミやナイフで斜めにスパッと切り、すぐにきれいな水につける。余分な葉をとったり、より茎を短く切ると水揚げがしやすくなるなど、ハサミの使い方とともに教えてもらいました。

長持ちさせるコツはキレイなお水

長持ち=「きれいな水」というのが決め手。
水が腐りやすい夏の暑い日には、こまめに水を変えたり、糖分・抗菌剤いりの長持ち剤を使うと◎。水の色がわかる「透明な花瓶」が初心者にはおすすめとのことでした。

花瓶にうまく生けるコツ

日比谷花壇のフラワーベース

花瓶のうまく生けるコツ

  1. フラワーベース選び
  2. 花選び
  3. 花瓶に生ける順番

花材の量に合わせた花瓶選びが大事で、お花が少ないときには口が小さめでやや縦長の花瓶を選ぶと飾りやすく、まずそろえるなら個性の強くないプレーンで透明なものがおすすめとのこと。

葉物も選んでみる

メインの花、サブの花、添えのグリーン……、というように自分の持っている花瓶のサイズに合わせて、役割を考えながら選ぶと生けやすいそうです。

花瓶に生ける順番

  1. 枝分かれしている花やグリーン
  2. 目立つ花・大きな花
  3. 小さい花・線の細い花

私はいつもメインの花を活けてから、葉物を入れていましたが、どうやら逆だったみたい。
だからバランスが悪かったのね。

サクハナプランを体験

バラを選ぶ人が多かったです

福井さんからレッスンを受けた後、サクハナプランを体験。会場に用意されたお花の中から1300円分好きなお花を選びました。

「今回はイベントなので多少超えてもいいですよ」とのことでしたので、金額を超えてしまっている方が多かったです。

実際に超えてしまった場合は、1300円超過分を支払えばいいので、計算しやすいですね。

1,300円分のお花を選ぶ

花+葉物・実物を選ぶと花が映える

私が選んだお花(税込)

  • テナチュール(バラ)660円
  • アストランチアスターオブビリオン(小花)385円
  • ジェイドパール(実)440円
  • ユーカリ(葉物)385円

合計1870円(税抜1700円)⇒400円超え(^^;

ちなみに、私が選んだテナチュールが一番高い花材でした。

とても私好みのお花を選んでいる方がいたので、撮影させていただきました。
ワイルドフラワー系でおしゃれですね。

花瓶に生ける

フラワーベースに生けていきます

用意されたフラワーベースに、福井さんから教えてもらった順番に生けていきます。私はユーカリの葉っぱがうまく入らなかったので、アドバイスしてもらいました。

大き目のユーカリは結婚式などで好まれるそうです。珍しいですよね。

選んだ実物のジェイドパールが大きく、もったいないので実を落とさずにそのまま使ったためバランスが悪くなってしまいました。
でも、素敵に生けられて大満足!

フラワーベースは、口が狭くて生けすかったです。

スイーツと撮影

お花のスイーツ

ヒビヤカダンスイーツ「お花畑のフルーツタルト」と「お花畑のロールケーキ」でおやつタイム。

スターバックスのコーヒーと

映えるスタバのコーヒーを用意してくださるあたりさすがの心遣いですね。

スイーツと一緒にイベントで生けたお花を撮影しました。

ハナノヒ教室

福井さんが教えてくれた上手に撮るコツは、

食べる前に撮ること

わかります、わかります。私、食べてしまってから後悔したことが何度もあります。

一緒のテーブルの方の作品

お花をうまく撮るコツ

  • 花がきれいなうちに撮っておく
  • 明るい昼間に太陽光で撮影する
  • 自分がきれい・おもしろいと感じた部分が引き立つようなアングルで撮る
  • 背景はシンプルに

選んでいる時にお話した方の作品

花から選ぶので作り手の好みがよくわかりますね。バラを選ぶ人が多い中、ピンポンマムでかわいく仕上げたりと、個性も出ていてとても参考になりました。

ハナノヒまとめと私の感想

お花と花瓶をお土産に

生けたお花と花瓶はお土産に。
もらえることをあらかじめ知らなかった方が多く、皆さんとても感激されていました。

今回のお花をもっと好きになるワークショップでは、基礎から学べる花瓶生けをレッスン。

  • 花選び・生け方のコツを学ぶ
  • 実践
  • おやつタイムで情報交換
  • スイーツと撮影

約2時間、大満足な内容でした。

お花好きで実際にアプリを使っている方が対象だったので、おやつタイムに情報交換ができたのも楽しかったです。

「ホテルに入っているお店はいいですよ」と教えていただき、帰りにANA インターコンチネンタルホテル店に立ち寄ってみました。

私が日々受け取ったイイハナは、Twitterでつぶやいています。

情報交換した方の意見も参考に、メリットとデメリットをまとめてみました。

ハナノヒのメリット

  • 気軽にお花を楽しめる
  • 定額で大変お得
  • 受取に行く楽しさがある
  • 自分では買わないような花に出会える
  • 仕事終わりにもらって帰ると気分がかわる
  • 旅行先でももらえる
  • 毎日花がもらえる(イイハナプラン)
  • 好きな花が選べる(イイハナのぞく)

デメリット

  • 近くに対象店舗がないと利用できない
  • スマホがないと利用できない
  • お店に行かないといけない
  • 忙しいと使いこなせない
  • お店によりもらえる花にばらつきがある(イイハナプラン)

ハナノヒを利用した私の感想

日比谷花壇新橋店

ハナノヒを利用するようになってから、意識してお花屋さんに立ち寄ることが増えました。
季節を感じられるのがとてもいいですね。

私が申し込むときに一番ネックになったのは、「最寄り駅に日比谷花壇がないこと」でした。

横浜駅と桜木町駅にあるので、月に2~3回もらえればいいかなと初めたところ、月に9~10回受け取っています。

今後、利用できる店舗を増やしていくそうなので、今までやりたくても利用できなかった方には朗報ですね。

一輪だけでもリッチな気分に

1本だけ買うのはためらいますが、毎回違う花を1本受け取れるのは本当に楽しい。花だけでなく葉物や実物の日があるのは、あえてお花を映えるように選んでいるそうです。

お花屋さんに足を運ぶ楽しみ、飾る楽しみがあるハナノヒの「イイハナプラン」。たった1,187円で日々の生活がワンランクアップすること間違いなしでおすすめですよ。

日比谷花壇お花の定額制アプリ「ハナノヒ」
icon

日比谷花壇オンラインで購入できます。

■ 使いやすい花瓶で、花瓶をもっていない人におすすめ
icon■ 花切り用ハサミをもっていない方におすすめ
icon

日比谷花壇

お花
よかったねっとをフォローする

よかったねっと

コメント

トップへ戻る